高鍋高校ラグビー部

宮崎県立高鍋高等学校ラグビー部のブログです。高鍋高校ラグビー部の活動をSTAFFが紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

仲間を信じて、ポジティブに!

18杉道世ー1

杉 道世(すぎ みちよ)選手
ポジション:CTB
身長:169cm 体重:83kg
出身中学校:高鍋西中学校

小学校まではサッカーをしていた杉は、高鍋西中学校からラグビーを始めた。
運動能力はもともと高く、直ぐにラグビーに慣れ上達していった。
2年生時には、経験者を抜きレギュラーに定着した。
中学校の県大会で準決勝の直後、次の日の決勝に向けての激しい練習をした時、手の指を怪我してしまった。
痛そうに見えたが、本人は痛みがないと言って決勝に出場し優勝。
指はというと、実は骨折していたのだからビックリである。
中学校時代からラグビーでは、頼りになる存在であった。
3年時には高鍋高校ラグビー部にいる高鍋西中ラグビー部出身者達と同じく、九州大会で優勝し、全国中学校大会に出場した。
全国制覇を目指したが、1勝もできず悔しい思いをした。
高校進学時には、自分の将来を考え進路を悩んだようだった。
結果的に、もう一度この仲間と最高の仲間と一緒に、全国大会での忘れ物を取り返すため、高鍋高校への進学を決めた。
高校に入学してからも杉のプレーは光った。
長距離こそ得意ではないものの、ラグビーでの運動量は豊富である。
中学時代からCTBで技を磨き、チームの中心選手へと育っていった。
一瞬でトップスピードになり、相手の隙をついて抜いていく。
そうかと思えば、足腰が強く、相手とコンタクトしても簡単には倒れない。
捕まったと思っても、いつの間にか抜けていっている。
ディフェンスでは、鋭く突き刺さるタックルで相手を仰向けに倒す。
もともと、キックは飛んでいたが、日々の努力の結果、更に距離が伸びるようになった。
対戦相手からすると、嫌な選手である。
昨年の花園では、2年生で不動のCTBとして試合に出場。
実況するアナウンサーや解説者をも唸らせた。
杉のプレーは、迫力があり、華麗であり、見る人を魅了する。
杉がいなければ、このチームが成り立たないくらいの存在となり頼りになる。

こんな杉だが、一人が好きで遠征先では自分の世界にいることが多い。
練習や試合中では、的確なアドバイスと叱咤によりチームを鼓舞するが、上手くいかないと、なんとなく一人拗ねているように見えることがある。
優しい仲間は、そんな杉をそっとしておく。
でも、本当は、怒っているわけでも拗ねているわけでもないと思う。
杉は、物事を深く考える性格の持ち主で誰よりも悩み苦しんでいる。
起こったこと、これから起こることに対して、深く考えれば考えるほど不安が募る。
なかなか、ポジティブに考えることができないのかな?
わからないでもない。
でも、もったいないよ!
夢は、必ず叶う!強く思えば思うほど夢に向かうため行動が伴い、必ず叶う!
それは、良い夢も、悪い夢も同じだ。
上手くいかないことを深く考えすぎると、もっと深みにはまるのだよ。
どうせ夢を見るなら、良い夢を見ようよ!
上手くいかない時には、良いイメージを持って向かっていこうよ!
杉の周りをよく見てみろ!
杉の仲間はみんないつも良い方を向いている。
信じられないくらい、前向きな奴らだとは思わないか?
だから、ここまで来れたのだと思う。
だから、こんなに良いチームになったのだと思う。
ただ、あんまり深く考えていないのかも?
ここに、杉のポジティブに考えたしっかりとした分析で的確にアドバイスができたら、このチームもっともっと強くなれるよ!
コツを教えるよ!
「仲間を信じて、もう少し気楽になればいい」
ビックリするチームへと成長するよ!
みんな杉を信頼し、頼っている!

昨年は1回戦敗退。この仲間と中学校では1勝もできなかった。
花園に仲間と一緒に忘れ物を取りに行こう!
仲間と共に見た夢を、聖地花園に取りに行こう!
杉の突き刺さるタックル、激しく華麗なランニング。
見る人をも魅了するプレーを見せてくれ!
トライを取ったあと、振り返った時に仲間を見てみよう!
そこには、最高の仲間の笑顔があるよ!
そんな最高の仲間と、最高の舞台で楽しんで来い!

岩手国体も応援に来てくれたお母さんが、花園まで応援に来てくれる。
いつも冷静に杉のプレーを分析しながら、応援してくれる。
聞いた話では、お父さんは愛犬とお留守番だとか。
テレビ観戦しているお父さんにも、勇姿を見せてあげよう。
多分、海鮮丼を食べながらワイン片手に応援してくれるよ!

[ 2016年12月23日 07:39 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

目を覚ませ!



今村 将太(いまむら しょうた)選手
ポジション:WTB、CTB、FB
身長:175 cm  体重:80 kg
出身中学校:唐瀬原中学校

 
翔太は、高鍋ラグビースクール出身。
地元唐瀬原中学校に進学した。
学校にラグビー部がなかったが、偉大な先輩でもある叔父さんを夢見て、また、ラグビースクールのコーチであり、ラグビー経験者の父の姿を追いかけるべく、高校でラグビーをすることを早くから決めていた。
中学校では、高校でラグビー部に入部した時のために、走力を鍛えるため陸上部に入部。
時間がある休日は、高鍋ラグビースクールに出向いて小学生に教えながら、ラグビーを続けていたほど、根っからのラグビー好きである。
小学生の頃のスクールの試合で、大きな怪我をしたことがあった。大腿骨骨折。
凄く痛かったろう、手術をして、入院!
両親もこの時は「もうラグビー辞める」と言うと思っていたらしい。しかし、将太は一言も辞ると言わなかった。それよりも、また、仲間と共にラグビーをすることを夢見た!本当にラグビー好きである。
中学生でのスクール練習の送迎は、ラグビー好きな母が送迎してくれた。
本当に熱心で、今でも日頃の練習、遠征など応援に駆けつけてくれる。
バイク通学ができる距離ではあるがバイク通学をせず、足腰を鍛えるべく自転車通学を3年間続けた。多分たまには、車送迎もあったとか。たまにだと思う。
将太は、何をするにも早いらしい。
遠征先で寝るのも1番、そして練習後、気づいたときには部室から姿を消している。
勉強のためなのか自転車で遠いためなのか、理由は定かではないが、みんなに電光石火と呼ばれるほどである。
性格はシャイで控え目、なかなか自分を前面に出さない。
 
ラグビーでは、1年生からWTBとして努力を重ねた。
陸上部に所属していただけあって、足が速い。
身体も大きく走り方も綺麗で、ダイナミックであったが、コンタクトプレーが得意ではなかった。
2年生時に転換期がきた。
本人の将来のことを考えたのと、チーム事情が相まってCTBにコンバート。
最初は、 コンタクトプレーがなかなかできずに苦労した。
しかし、回を重ねるごとにコンタクトにも慣れ、思いっきりが良くなってきた。
身体は小さいわけではないので、思いっきりさえあれば、負けるわけがない。
思いっきりが良く、はまるとディフェンスも光る!
そうこうしていると、WTB、CTB、FBと色んなポジションをこなせるようになっていた。
芸は身を助ける!
色んなポジションを経験し、WTBに戻るとパワーアップした将太になって頼りになった。
ところが、元来優しく控え目な性格、思いっきりが出せない。俺が仕留めてやる!とまではなりにくいようだ。
それだけでなく、遠征の度、怪我に泣かされて良い状態を継続できないことも多かった。

将太、高校ラグビーも終盤になってきた!
優しく控え目では、何も変わらない。
あの時の、自分の良い状態を思い出し、積極的に闘おうじゃないか。
敵は、自分の心の中にある!
自分に打ち勝つ事が、チームのためになるし、相手に対する驚異になるよ!
そして、自分に全てが返ってくる。
この3年間を振り返り、今一度自分自信を鼓舞しよう!
花園のピッチで、将太の激しいタックルを、将太の華麗な走りを見せてくれ!
そうすると、間違いなくグラウンド全体が湧き、一番大きな声でお母さんが応援してくれてるよ!
楽しみだなぁ、花園での将太。
さあ、目を覚ませ!将太!!

一言加えさせてもらうけど、態度で示してもらえれば、しっかり伝わる。
「えぎぃ」とか「~じゃかいよ」は要らないよ!


12月18日(日)に高鍋高校ラグビー部OB会主催で、第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会出場壮行会が高鍋高校グラウンドで行われました。
特別後援会会長である高鍋町長をはじめ、毎日新聞宮崎支局長や沢山の来賓に御臨席賜り、あたたかいお言葉を頂き、身の引き締まる思いです。
木之下主将が「決して強い選手がいるわけではありませんが、気持ちでは負けないチームです。目標に向けて頑張ります」と決意を表明しました。
沢山の方々に応援され、感謝しております。
精一杯、頑張りますので、応援とご支援よろしくお願いいたします。
本日、高校は終業式。
花園出発は12月25日(日)です。

[ 2016年12月22日 06:39 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

断固たる決意!

11石川謙太郎-1

石川 謙太郎(いしかわ けんたろう)選手
ポジション:SO
身長:166cm 体重:62kg
出身中学校:高鍋西中学校

高鍋西中学ラグビー部出身の謙太郎は、祖父が初代校長であった高鍋ラグビースクールからラグビーを始めた。
この年代は、ラグビースクールからのチームメイトが多数所属している。
謙太郎もその中の一人である。

謙太郎は、根本的に優しい。
また、見た目も優しく、歴代マネージャーからは優しく接してもらえていた。
スイッチの有りかを探してる奴や、ロボコンや、相撲部屋からスカウトされた奴等とは違い、良く声をかけてもらっていた。
見た目は大事だ!
見た目も優しく見える謙太郎だが、プレー中の指示は厳しく的確である。
また、普段何げに発する言葉も、乱暴なことがある。
持久力はチーム1。
どんなに苦しい練習をした後の長距離走でも常に1、2位を争う。
短距離も早く、すばしっこい。
相手の隙を見つけると自分から抜きに行き、相手の裏にでてチャンスを創りだす。
身体を大きくしようと努力したが、体質的なものなのか、なかなか大きくなれない。(そういえば、「大きくなれないのは、絶対的に食べる量が少ない」と栄養士が言っていたのを思い出す)
それでも最近は、コンタクトも思いっきり行けるようになってきた。
身体が小さいので、コンタクトが苦手だと決め付けていたのではいつまでも強くなれない。
ラグビーは小さい者から大きい者、いろんな体型の選手が混在する。
どんな相手でも、止めないといけない。
基本スキルと断固たる決意があれば止められないことはない。
3年間積み上げてきたものがある。
自分にも厳しく、そして、自信を持って、決意しよう!

いよいよ花園だ!
憧れの大舞台。
その舞台に立って、断固たる決意で闘おう。
なかなか試合に出られない悔しい思いをたくさんしてきた謙太郎だから、花園では、思いっきり闘おう。
いつもどんな遠くに遠征しても、そこに応援に来てくれるお母さんや、体調が優れない時でも謙太郎のことを心配し、頑張ってる姿を見に来てくれる祖父のためにも、花園で思いっきり走り回る姿を見せてあげよう。
自信を持って闘おう!
断固たる決意で闘おう!
謙太郎なら必ずできる、期待しているよ!

根本的に優しい謙太郎は、弁当のバックに入っているお餅やお菓子をみんなに配ってあげていて、神様と呼ばれているのだとか。
だけど、思いっきり闘った後の、お母さんの作る大好きな茶碗蒸しは独り占めしよう。
卵が入ってタンパク質も取れて大きくなれると思うんだけどな!
[ 2016年12月21日 05:13 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

コントロール!



新藤 龍斗(しんどう りゅうと)選手
ポジション:FL、HO
身長:172cm 体重:82kg
出身中学校:高鍋西中学校


龍斗も高鍋西中学ラグビー部出身である。
持久力はFWの中でもトップクラス、短距離を走らせても速い。
基本的な運動能力は高く中学生時代は2年生から試合に出ていた。
もちろん、高校に入学してからも注目されていた。
しかし、なかなか身体が大きくならずプレーでも伸び悩み苦しんだ。
プレーに激しさはある、しかし、使い方がうまくいかない。
たまに、激しさの使い方を誤りペナルティーをする。
落ち着いて、しっかり見極めればナイスプレーになるのに。
ある時、ポジション変更を申し出た。
FWフランカーからBKウイングへ。
ポジション変更してすぐは、良かったが、自分がイメージしていたようにはならなかった。
浮き沈みを繰り返しながら、3年生になった。そしてこの1年間、龍斗は本当に努力したと思う。
ウエイトトレーニングと食事で体重を増やし一回り以上、大きくなった。
もともとパワーもあったが、更に強くなった。
そして、新しいポジションへの再挑戦!
前回の挑戦とは違って、自分を生かせるフッカーへの!挑戦である。
全国大会では一日おきのハードスケジュール。
25名と限られたメンバーに入るためには、ずば抜けたポジションセンスか複数のポジションができることが大事だ!
龍斗のフッカー挑戦は良かった!ポジションの幅を増やせた。
身体もできできて、スクラムも強くなった。
後は、試合中の冷静な状況判断。
決して焦ることなく、自分のコントロールできる範囲で、熱くなることが大事だ!
反則を起こさず、自分を生かす!
良いプレーは本当に沢山あるのだから、感情コントロールに気を付けよう!

後少しで高校ラガーマンの聖地花園だ!花園のピッチに立って、龍斗の激しいプレーを見せてくれ!
龍斗のこと、両親はいつも心配しているよ。特にお母さんは、いつも龍斗を気にして、陰から応援している。
そんなお母さんに、花園のピッチに立って恩返ししよう!
そのために、あと少し、プレーと心に磨きをかけて花園に乗り込もう!冷静に判断できるよう努力しよう!
頑張れば絶対にできる!
最後まで自分をしっかりコントロールしよう!

慌てるな龍斗!
しっかり足を地につけて頑張ろう!
必ずできるよ。
今まで慌てて良いこと無かったよな。
慌てて靴をはいて、ムカデにもやられたね!
冷静になろうな、龍斗!
[ 2016年12月19日 22:58 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

華麗に駆け抜けろ!



平岡 瑞樹(ひらおか みずき)選手
ポジション:FL
身長:166cm 体重:72kg
出身中学校:高鍋西中学校


高鍋西中学校からラグビーを始め、2年生からメンバーに名を連ね、3年生ではレギュラーに定着していた。
ポジションもFWでありながら、スクラムハーフもこなし公式戦にも出場したことのある器用な選手である。
高校に入学後は、他の西中ラグビー部員と同じように当たり前のように高鍋高校ラグビー部に入部した。というよりは、高鍋高校でラグビーがしたくて入学してきた。
高校に入ってからも瑞樹の器用なプレーは目立った。
高校に入って直ぐにFWとして先輩に混じって試合に出ることは、身体ができていないのでなかなかできないものであるが、瑞樹は違った。
ディフェンスでは力負けしても、なんとか相手を止め、アタックでは器用さをしっかり表に出し充分通用することを示した。
これも、もともと負けず嫌いの瑞樹ならではである。
チーム内で弱音を者がいると、激怒するらしい。もちろん、自分にも厳しい。
2年生になるとフランカーのレギュラーの座を確実なものとし、チームに貢献した!
プレーにもますます磨きがかかり、ディフェンスでは低く確実に、アタックではステップや走るコースで相手を翻弄した。
さらに、3年生になるとウエイトトレーニングも真剣に取り組み、パワーがついてきた。
今では、瑞樹がボールを持つと相手に捕まっても簡単には倒れず必ずゲインする!少しでも相手ディフェンスに隙があればステップを踏んで鋭く切れ込む!一人で持っていってトライを取りきることも多くなった!
瑞樹のプレーにはスタッフも感心する。
負けず嫌いの瑞樹だが、優しい一面もある。
妹がラグビーを始めると、練習でどんなに疲れて帰っていても、家の前でパス練習や走り込みの練習に付き合ってあげる。
根底は負けず嫌いだけど、家でも高校の練習でも、優しさが伝わってくる事が良くある。

間もなく、瑞樹が華麗に走り見る人に感動を与えるときが来る。
まだまだプレーに磨きをかけ続けろ!
一時は仲間に迷惑をかけたこともあったけど、その時の瑞樹はもういない!
今の瑞樹はチームの信頼を背負った頼れるプレーヤーだ!
仲間と共に花園のグラウンドでラグビーを楽しめ!
そして、瑞樹らしく華麗に駆け抜けろ!

瑞樹にお願いがある。
花園ではラグビーに集中してほしい。
みんな、この大会を目指して頑張って来て、この大会に集中させたいんだ。
だから、悪いけど寝起きドッキリは封印させてくれ!
よろしく頼むよ。
[ 2016年12月17日 09:24 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

暴れん坊!



鹿嶋 佑斗(かしま ゆうと)選手
ポジション:LO
身長:181cm 体重:70kg
出身中学校:高鍋西中学校


鹿嶋も中学生時代は野球少年だった。
中学生としての部活動を引退し、卒業までの間はラグビーに興味を持ち、昼休みはラグビー部員と一緒にラグビーボールを追いかけた。
朝自習の読書の時間、ラグビー部員から借りた「ラグビーのルール」の本を熟読した。
これで、準備完了!
高校入学までには、しっかりラグビーの基礎を、元々成績もトップクラスの鹿嶋はルールもしっかり理解し高鍋高校入学後は、ラグビー部の門を叩いた。
入部当初の基本練習はなんなくこなした。ビックリするのはコンタクトである。
いくらルールを理解し、基本的なことを練習していたにしても、なかなかコンタクトは思いっきりいけないのが普通であるが、鹿嶋は違った。
どちらかと言うと、経験者よりも躊躇なく激しく体をぶつけることができた。
また、持久力もあるので仕事量も多い。
言い方は悪いが、凄い素人が入部してきたと誰もが思った。
学年を重ねる毎に、鹿嶋は成長し色んな場面で活躍した。
スクラム、ラインアウト、アタック、ディフェンス、どこにでも鹿嶋はいた。
頼りになる存在へと成長した。
しかし、鹿嶋は怪我に悩んだ。
強化合宿や公式戦前の怪我は多かった。
いよいよ、と言うときに怪我に泣かされた。
プレーの激しさゆえしょうがないのかも知れないが、それにしてもタイミングの悪いことが多い。
先日行われた花園予選においても、大会まであと数日となった練習後の個人練習で怪我をしてメンバーから外れてしまった。
無理すれば、大会参加も可能だったかも知れない。でも、鹿嶋は仲間を信じて我慢した。
決勝では3年生全員がピッチに立った。
悔しかっただろう。
総力戦で戦った決勝で見事勝利し、全国大会出場が決まった。
鹿嶋のために部員全員で戦った!

鹿嶋も仲間のため、高鍋高校ラグビー部のためそして、自分のために必死になってリハビリとトレーニングを続けた。
12月に入り、復帰してからは一段とプレーの幅が広がっていた。
スタミナ、コンタクトどれを取っても怪我前より良い状態で帰って来た。
特にラインアウトジャンパーとしての能力はチーム1だ!
怪我を前向きにとらえ、頑張ってきた鹿嶋が戻って来たことで、チーム力は上がり層も厚くなって部内での競争も激しくなった。
鹿嶋もこのチーム、まだまだ強くなる!

鹿嶋よ、今までたくさん悔しい思いをしてきたな!
そんな中、よく心が折れずに頑張ってきた。
優しいお母さんも沢山、心配しただろう。入学前、ラグビーを始めることで怪我を心配していたのは誰よりもお母さんだったからね。
でも、ここからは全力投球、完全復帰だ!
後は、今までお母さんに心配をかけた分、花園のピッチで暴れる姿を見せてくれ!
一見、見ている人が鹿嶋の線の細さを見て心配するが、そんなのお構いなしだよ!
チーム1の暴れん坊!チーム1のスタミナで見ている人を魅了しよう!
俺たちは逆に相手が怪我しないかが心配だ!
今まで培ってきたものを、今までの思いを全て出し切り暴れてこい!
本当に楽しみにしているよ!

ラグビー部の余興の時は、影でツクツクチャ、ツクツクツクチャといってるけど、花園では全面的に前に出ような!

[ 2016年12月14日 18:25 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

レスラー渉馬!



横尾 渉馬(よこお しょうま)選手
ポジション:LO HO
身長:175cm 体重:90kg
出身中学校:唐瀬原中学校


中学まで野球少年だった渉馬は、成績も良く、県内屈指の進学校を目指していたと言う噂もあるが、高鍋高校に入学し野球部ではなくラグビー部の門を叩いた。
父親が高鍋高校ラグビー部OBであることに少なからず影響を受けただろうが、一説には、プロレスが大好きで、将来プロレスラーになる強い身体を作るために入部してきたと聞いたこともあるが定かではない。
渉馬は、筋肉オタク?ウエイトトレーニング好きで、どんなときでもトレーニングは欠かさない。
きつい練習が終わって帰宅してもトレーニングをするほどストイックである。
その甲斐あって、筋力増強による体重増加は、3年間で20kg以上である。
その筋力に比例するようにラグビーも日に日に上達していった。
身体が頑丈で強くなると、ラグビーも上手くなる見本を示してくれた。今のラグビー部がウエイトトレーニングに一生懸命なのは渉馬の影響を受けていると思う!
結果的に渉馬は、高鍋高校ラグビー部にいなくてはならない存在になり、また、国体選手としても宮崎県選抜チーム不動のロックとしてレギュラーの座を手に入れた!
ラグビーに対しては、研究熱心でしっかり考えながらプレーするし、ボールを持ったときの突破力、寡黙なディフェンスはチームの要であり、頼りになる存在である。
渉馬抜きには高鍋高校ラグビー部は考えられない!
もちろん、花園でも思いっきりプレーしてくれると期待している。

いよいよ花園だ!
花園で勝つために身体を鍛え辛い練習にも耐えてきた。
1年生の時は、学校までの遠い距離を雨が降っても自転車で通学してきた。
話に聞くと2年生からバイク通学が認められたにも関わらず、今でもオフ、個人練習やテスト期間は、足腰を鍛えるために自転車で通学しているとか。凄い!
努力は必ず報われる!
岩手まで国体を応援に来てくれたお母さん、OBではあり影からいつもしっかり応援してくれたお父さんに、感謝の気持ちを花園のグラウンドで伝えよう!そのために花園のグラウンドを思いっきり駆け回れ!
渉馬はこの3年間しっかり根をのばしてきた。
花園では、必ず大きな花が咲くよ!
仲間も相手をも魅了する大きな花が!
自信をもって思いっきりプレーしよう!頼んだぞ!

渉馬は合宿中、仲間にテーピングやマッサージをしてくれているらしい。
PTである両親譲りで困っている人を見過ごせなくて面倒見が良い。
花園では初戦から死闘が予想される。
そんなとき、余裕があればいつも通り仲間を見てあげてくれ。
みんな渉馬に見てもらえるとホッとするよ、きっと!
俺も、渉馬を見ていると日曜日夕方6時のあの番組のあのキャラクターを思い出してホッと安心できるんだ。
[ 2016年12月13日 14:37 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

パワー全開!

6島田大資-1

島田 大資(しまだ だいすけ)選手
ポジション:LO
身長:176cm 体重:86kg
出身中学校:沖水中学校


大資は、3年生唯一の下宿生。
ラグビーが大好きで都城から高鍋高校へ越境入学してきた。
持ち前のパワーで、1年生の頃から対戦する相手をなぎ倒してきた。
2年生になり、ますますパワーもついてきて、いよいよ花園予選のメンバーを決める最後の強化試合で怪我をしてしまった。
左膝靭帯断裂。
本人は泣くに泣けない状態だったと思う。
そして、両親も同じく

辛く長いリハビリが始まった。
グラウンドでは仲間が走り回っている。
焦りもあったと思う。
本当は悔しくて、泣きたいくらいなのに、大資は前を向き頑張った。
1年後の自分の姿をしっかり見据えて、リハビリとウエイトトレーニングを必死にやった!
グラウンドに出ては仲間をサポートし助言した。
大資は、負けなかった!
筋力は増えプロレスラーのように大きくなっていった。
着実に力をつけていった。
そして、今年の花園予選で見事な復帰を果たした。
もともと激しかった大資が、さらに大きくパワーアップして戻ってきたのだから負けるわけがない。
ボールを持っては相手を蹴散らし、タックルでは相手に突き刺さりなぎ倒してきたいった。
また、怪我前では周りが見えずプレーの幅が狭かったが、復帰後は、ラン、パス、コンタクト、セットプレー、ディフェンスの全てに気の利くプレーヤーになっていた。
間違いなく花園予選でのMVPである。

本当は怪我をしないでいた方がいい。
大資は、怪我をマイナスにすることなく、持ち前のガッツで前向きに捉え、予想を超えたプレーヤーになっていた。
凄いぞ、大資!

大資、本当は辛かったよな!
みんなが支えてくれたけど、孤独だっただろう。
でも、今は違うよ。よく頑張ったな!
完全復帰だ!
大資の復帰が、高鍋高校ラグビー部を強くした。
花園予選決勝のハーフタイム、大資に「どうだ、気分は?」と聞いた。
大資は笑顔で「楽しいです。」と答えた。
いよいよ花園だ!
心配してくれた、お父さん、お母さんに大資の元気な姿を見せてあげよう。遠い都城から何度も高鍋に来てくれた、両親に感謝の気持ちを込めて、花園では思う存分暴れよう!
もう大資を止められるものはいない。
最高の舞台で、笑顔いっぱい楽しんで来い!
大資のプレー、みんなも楽しみにしているよ!

大資は、見るたびに新しいものを身につけているらしい。
そう言えば、確かにそんな気がする。
ただ、サイズ合わせは苦手のようだな。
[ 2016年12月11日 10:00 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

突き刺され!



冨永 敦士(とみなが あつし)選手
ポジション:PR、HO、LO
身長:178cm 体重:99kg
出身中学校:檍中学校


敦士は、宮崎市からの電車通学。
見た目はかなり落ち着いていて、サラリーマンのように見える。
同級生からはコーチと呼ばれているらしい。
性格はおっとりしていて優しく、後輩とも仲が良い。
ポジションは1番から5番までをしっかりとこなす。
しかし、プレーでも優しさが出てしまう。
ブレイクダウンでもセットプレーでも、なかなか相手に突き刺されない。少しは相手の嫌がるプレーをしても良いのに。
ただ、最近は変わってきた。
スクラムでは、相手に合わせず自分の組み方をしっかり貫けるようになってきた。
予選が終わり、花園が決まり必死になってきた。
高校生ラガーマンの聖地、花園のピッチに立ちたいと思う気持ちが本物になってきたのだ。
体格はチームでトップクラス、そして3年間培ってきたものがあるなのだから、負けるわけがない。
さあ、目覚めよ!
激しさを増し、相手に突き刺され!
優しさが相手に対する礼儀ではない。
全力で全てを出し切り闘ってこそ、相手と互いに称えあい、感謝しあえる。
見る人にさえ、激しく死闘を繰り返したほど感動と勇気を与えることができる。
ラグビーって不思議なスポーツだよ。
敦士よ!ここまで支えてくれたお母さんに、感謝の気持ちをラグビーで伝えよう!
もうひとつ、あと少し激しく全力で闘おう!
その姿を、仲間も待っているよ!
頼んだぞ、敦士!

そういえば、敦士の本当の強さを見抜いた人がいたな。
あれは宮崎駅のホームだったかな?
○○部屋のスカウトだったと聞いたよ。
敦士のことを見抜いたあの人も、花園での活躍を見てるかもしれないぞ!
今度は友達を売るんじゃなくて、ちゃんと断り入れとけよ!

[ 2016年12月10日 07:52 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

準備完了、スイッチON!

3奥田亜久里


奥田 亜久里(おくだ あぐり)選手
ポジション:PR3
身長:178cm 体重:103kg
出身中学校:富島中学校


亜久里は、日向市から電車通学。
朝早く出発し、家に帰り着くのも3年生の中で最後だろう。
そんな生活を3年間送ってきた。
帰りの電車は、練習後なかなか無く、1年時は時間がもったいないので偉大な大先輩とトレーニングルームでウエイトトレーニングをしていたこともあった。現在は、次の日の学校の授業に影響が出ないように、駅で睡眠することもしばしばだとか?それでもよく居眠りをする?
チーム一の体格でありながら妙にダンスが上手い。所構わず踊れる。
また、副○長のモノマネも上手だ。
多分、チームのムードメーカーだと思われている、と思っている。
意外と真面目?で、頑張り屋?で、やるときはやる。
練習中は、なんとなくやっているように見えることも多いが、スイッチが入ると、わからないことは質問し実践する。
試合では、スイッチが入ると必死にプレーし攻守の要になる。
今年、セブンス全国大会前にメンバー決めで、300m×3周の走力チェックを行った。
ここで、スイッチが入り本気になった。本気でメンバー入りを目指し、3分以内にゴールした。凄い!しかし、後にも先にもこの1回だけ。
スクラムも本当に強い。スイッチが入ると、非の打ち所が無い。山ちゃんも唸る。
一説には、いつも持ち歩くサンドイッチがスイッチ(原因)だとか?
亜久里の本気に、仲間も期待する。
しかし、困ったことに誰もスイッチの在処を知らない。
自分さえもスイッチの在処は半信半疑なのか?
今まで、スイッチを入れるのが遅すぎて大事な所で涙したことも沢山あった。

亜久里よ、花園だぞ!
花園で、全国の強豪校と対戦し勝つために高鍋高校に来たのだろう?
辛い通学を3年間耐えてきた。
悔しい思いはもうしたくない。
仲間に恵まれ、ラグビーに専念できた。
そして、朝早くから夜遅くまでお前を応援してくれるお父さん、お母さん、弟がいる。
そろそろ常にスイッチを入れようじゃないか!
亜久里はわかっているはずだ、そのスイッチの在処を!
大切な仲間のために、支えてくれた沢山の人たち、そして自分自身のために花園で暴れようじゃないか!
必死になろう!
期待しているよ。

以前、試合で調子がいい時に、理由を聞いたことがある。
「お父さんが買ってくれたスパイクだ!」と言っていたな?
それとも、試合前のダンスかな?くるりんパッ!!
[ 2016年12月09日 04:28 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

高鍋高校ラグビー

Author:高鍋高校ラグビー
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
これまでの訪問者数
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。