高鍋高校ラグビー部

宮崎県立高鍋高等学校ラグビー部のブログです。高鍋高校ラグビー部の活動をSTAFFが紹介します。
高鍋高校ラグビー部 TOP  >  2014年12月

2014花園 2回戦 試合結果!

第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会2回戦が行われました。
高鍋高校は、群馬県代表 明和県央高校と対戦し、19-34で負けました。

    高鍋高校   明和県央高校
前半   12   -   19
後半    7   -   15
合計   19   -   34


チーム力は互角、勝ちたい気持ちの強いチームが勝つ。
そんな、雰囲気で始まった試合でした。
この試合も、先に得点を取ったのは、明和県央高校。

しかし、高鍋高校も負けじと得点をとります。

追いつくが離され、離されては追いつく、そんな試合展開でした。

ただ、相手のディフェンスの固さになかなかゲインラインをわることができません。

最終的には19-34で負けてしましました。

最後まで負けじと果敢に攻めつづけた高鍋高校ラグビー部でしたが、2回戦敗退。
目標である「正月を花園で!」は叶いませんでした。

2回戦も、関西宮崎県人会の方々をはじめ、沢山の声援ありがとうございました。
皆さんの、期待に応えることができなくて申し訳ありません。
また、一から鍛えてこの地に忘れ物を取りに来ます。

これからも温かいご声援よろしくお願いいたします。

本当に、ありがとうございました。

2回戦-1
いよいよ試合開始

2回戦-2
スクラム

2回戦-3
果敢に攻め込む

2回戦-4
得点されてもまとまる高鍋フィフティーン

2回戦-5
ラインアウト

2回戦-6
応援していただいた皆様に感謝を込めて

2回戦-7
これまで応援、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
[ 2014年12月31日 10:23 ] カテゴリ:全国大会 | TB(0) | CM(0)

2014花園 初戦突破!!

第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会が開幕しました。
天気にも恵まれ、開会式の時間は気温も高くスタンドは大勢の観客で埋め尽くされました。
高鍋高校は宮崎県代表として堂々と元気よく行進しました。

2014花園開会式

そして、第3グラウンド開幕戦として、高鍋高校VS朝明高校の試合が行われました。

試合結果

     高鍋高校   朝明高校
前半   26  -   12
後半   19  -   19
合計   45  -   31


開会式直後ということで、アップ時間も少ない中、選手は気持ちを高めていきました。

12:00キックオフ

前半開始早々、スクラムからのブラインドサイドをつかれ大きくゲインされます。
必死に止めるも、相手は倒れずにつなぎ先生トライを許しました。
0-5
そのあとも、バックスライン攻撃からディフェンスが崩され、トライを許しました。
0-12
2トライを先制されてからの高鍋高校は目が覚めたようにディフェンスが冴え、相手の持ち込んだボールを何度となくターンオーバーし、優位に試合を運ぶことができました。
高鍋高校最初の得点は、ラインアウトモールからでした。
敵陣ゴール前7m付近ラインアウト
得意のラインアウトモールを組み、しっかり押し込んでトライ
5-12
ミスはあったものの、その後も気迫溢れるプレーを続け前半終了時には26-12としました。

2014花園1回戦スクラム
スクラムは安定し、相手にプレッシャーを与え続けました。

2014花園1回戦ラン
BKも力強く、スピード溢れるランニングで攻め込みました。

後半に入ると、ミスからの得点はされるものの落ち着いた試合運びで取り返します。

2014花園1回戦ラインアウト
ラインアウト

一進一退の試合展開でしたが、得点差を詰めさせることなくノーサイド
後半19-19 合計45-26で初戦突破しました。

ミスが多かったのですが反則は少なく、相手ボールに対して気迫溢れるタックルとボールに対する執念で攻撃を続け勝利することができました。

関西宮崎県人会をはじめ、宮崎からの応援も例年より多く、特に今回部員全員で応援に駆けつけてくれた高鍋高校野球部の声援とそれに合わせて応援団全員での応援により、選手に勇気を与えてくれました。
本当にありがとうございました。

2回戦は、12月30日火曜日 第3グラウンドで14:00キックオフ
対戦相手は、群馬県代表 明和県央高校です。

2日間、しっかり練習して次戦も頑張ります。

応援よろしくお願いいたします。




[ 2014年12月28日 06:16 ] カテゴリ:全国大会 | TB(0) | CM(1)

夢を叶えよう!



今日もいつもと同じように、朝の散歩からスタートした。
 
とうとうこの日が来た!
決戦の時が!
ひとつ負ければ終わりのデスマッチ。
うまく行かない事もあるだろう。
しかし、君たちの努力は嘘をつかない。
今までやってきた練習を信じ、仲間を信じ、全力で闘おう!
部員51名全員で闘うぞ!



選手紹介最後17人目(3年生マネージャーを入れて19人目)、高鍋高校ラグビー部51名の部員をまとめる、主将 川越 藏(かわごえ くら)選手
ポジション:HO
身長:174cm 体重:90kg
出身中学校:宮崎北中学校
 
昨年の12月27日、第93回全国高等学校ラグビーフットボール大会1回戦、札幌山の手高校に敗れ、その日のミーティングで同級生、下級生、先輩そしてスタッフ満場一致で藏が主将になり、「藏組」が始動した。
1年生時から学年のリーダー、ところが伝えても伝わらないことが良くあった。
例えば、監督が練習の内容を伝えたけど、違う準備をした。
ところが、学年が上がるとともに、そして主将になってから本当に成長した。
藏以上の主将はいない!
 
身体もこの1年で急成長!
体重は入学当時より25kg以上、この1年でも10kg以上大きくなった。
ここまで、大きくなると動きが悪くなるものだが藏にはそれはてはまらない。
逆に、動きも良くなってきている。
 
主将としてチームをまとめるのも大変なのに、HOとしてスクラムのコントロール、ラインアウトスローワーとしてラインアウトのリード、あらゆる分野でリーダーシップを発揮する。
いつか潰れるんじゃないかと心配したこともあったが、本当に良く成長してくれた!
誰でもというわけにはいかない。
藏だからこそできた!だから、藏は絶対的リーダーだし、チームの要!
だけど、藏よ!頑張れたのは仲間がいたからだし、こんな立派なチームになったのは高鍋高校ラグビー部に関わる沢山の方々の支えがあったからだよ!
仲間を信じて!全てのもの、人に感謝して今日は思いっきり花園のグラウンドを走り回ろう!

藏、楽しみだな!
本当に楽しみだ!
仲間と共に楽しもう!
今までの思い、全てをかけて、思いっきり楽しむぞ!

夢は必ず叶う!
[ 2014年12月27日 08:24 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

男になろう!

急ぎ足での選手紹介本当に申し訳ありません。

井上優樹

江藤佳祐に続いて16人目、副主将 井上 優樹(いのうえ ゆうき)選手
ポジション:SO
身長:170cm 体重:66kg
出身中学校:高鍋西中学校

優樹も同じく高鍋西中学校Jrラグビー部出身。
井上家は、ラグビー一家で父親も高鍋高校ラグビー部出身、主将まで務めた。
弟も高鍋高校と高鍋西中学校でラグビーをしている。
優樹は、高鍋ラグビースクール出身で父親もスクールのコーチ。
優しい母親とは違い、厳しい父親に指導されながら、実力を伸ばしてきた。
特に、試合の後にはビデオを見ながらの反省会が行われてきた。

高校では2年時からレギュラー。
BKの要、チームの司令塔として上級生を押しのけ務めてきた。

責任感が強く、うまくいかない時には手を腰に当てて悩む姿をたくさん見てきた。
しかし、しっかりとプレーで取り返す。
特に、身体を張るプレーで仲間を盛り上げる。
相手を倒すタックル。
タックルからのターンオーバー。
最後まで諦めない、バッキングアップ。
どこから出てきたかわからないジャッカル。
どれも、チームの為に副主将として、しっかり身体を張りチームに貢献してくれる。
「自分は、食べても太らない」とは言うけれど、もっと身体が大きくなれればとてつもないプレーヤーになっていただろう。
しかし、身体の大きさをはねのける激しさ、鋭さ、逞しさを身につけている。

今までは、声でもチームをリードして欲しいのに声が出なかった。
ここに来て、しっかりと声を出しながらチームをリードしてくれるようになってきた。
本当に頼もしくなった!

優樹、長男って辛いよね!
色んなことを背負わなくてはならない。
親の存在が大きいと更に大変だよな!
ラグビーでも、それ以外でも涙したことがたくさんあると思う。
でも、花園ラグビー場では、長男も次男も先輩も後輩も何もない。
一人の男として、全てをかけて闘おう!
一人のラガーマンとして思う存分暴れよう!
今まで、支えてくれた皆さんに感謝して、最高のプレーをしよう!
優樹のパフォーマンスで、声でチームを盛り上げてくれ!!
高鍋旋風巻き起こせ!
[ 2014年12月27日 07:13 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

仲間を信じろ!

江藤佳祐-3


選手紹介15人目、BKリーダー江藤 佳祐(えとう けいすけ)選手
ポジション:CTB
身長:171cm 体重:76kg
出身中学校:高鍋西中学校

佳祐も高鍋西中学校で全国5位の成績を修めたメンバーの一人である。
江藤3兄弟の末っ子。
高鍋西中学校でラグビーをしていたのと、兄2人も高鍋高校ラグビー部出身であっただけに、当然、高鍋高校に入学してラグビーをするものだと思っていたが、本人は将来のことを考えて進路を悩んでいた。
しかし、根っからのラグビー好きの佳祐は、ラグビーから離れることが出来ず、高鍋高校に入学し、ラグビー部に入部した。

佳祐は昨年からのレギュラーで、ゴールキッカーも務めた。
足の速い佳祐は、BKラインディフェンスで狙いを定めると一気に飛び出し、低く相手に突き刺さるタックルが得意である。
アタックにおいても、思い切りの良い縦への突進は、持ち前のスピードと努力し増やした体重で高鍋高校ラグビー部の武器の一つになっている。

そんな佳祐も、ここまで順風満帆に来たわけではない。
激しいプレーをするからこその怪我で、何度となく戦列を離れたこともある。
そんな時でも、外からしっかり仲間をサポートし腐ることなく復帰できることを考えトレーニングを積み、成長した姿で戦列に戻ってくる。
また、上手くいかないプレーがあったりした時に、自分はわかっているのに周りからいろいろと言われ、歯がゆい思いをしたこともある。
そんな時でも、自分を見失うことなくプレーを見つめ直し、腐らず努力し続けた。
今では、BKリーダーとして高鍋高校ラグビー部にいなくてはならない存在である。

そして今、決戦を前に苦しんでいる。
表情には見せないが、辛いだろう。
しかし、今までと同じように最後まで腐ることなく、努力している。
そんな佳祐の姿を仲間もわかっているよ。
だから、今までと同じように困難に立ち向かえ!
今まで佳祐を男手一つで支えてきてくれたお父さんに恩返しをするためにも、仲間を信じ、しっかり準備をして佳祐の強気のプレーを見せてくれ!

みんながその時を待っている。聖地「花園」に立って雄叫びをあげるぞ!!
[ 2014年12月27日 05:27 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

突破!


昨日は大阪に到着後、関西宮崎県人会の方々の出迎えを受け、温かいお言葉をいただきました。
花園出場時はいつも出迎えしていただき、試合の時も大勢で応援に来てくだり、大声援でチームを盛り上げてくれます。
いつも本当に、ありがとうございます。
沢山の方に支えられ、全力でラグビーに打ち込めることに感謝し、皆様の期待に応えられるよう精一杯頑張ります。
 
ホテルに到着後昼食をとり、東海大仰星高校グラウンドに移動して、メンバーは練習、メンバー以外の1年生と2年生数名で東海大仰星高校の胸を借り、練習試合をしていただきました。
今大会優勝候補の一つである東海大仰星高校は、ラグビーは勿論のこと、ラグビー部員の礼儀正しさ、行動の一つ一つが勉強になりました。
ありがとうございました。


 
選手紹介14人目、FWリーダー鈴木 祐樹(すずき ゆうき)選手
ポジション:NO8、LO
身長:174cm 体重:86kg
出身中学校:高鍋西中学校
 
鈴木は、昨年からのレギュラーでNO8である。
試合中、相手がボールを持ち込んだとき、短い距離をすごいスピードでタックルに入る選手がいるが、ほとんどがこの鈴木である。
ラグビースクールからラグビーを始め、高鍋西中学校でもラグビー部、先日お伝えしたようにこの代が創部初めて全国中学生大会に出場し、5位の成績を修めた。
その時の中心選手である。
 
練習中は、何も言われなければ「Bチーム」の方に自ら入り、「Aチーム」を相手にすることが多い。
理由を聞くと「強い相手に対して練習する方が好き」だと言う。
また、ゴール前のFWサイドディフェンスも好んでやる。そして、必ず倒す。
頼もしい!
アタックでもボールを持った時のスピードは速く、短い距離でもトップスピードになれるし、相手とコンタクトするときもインパクトのある当たりをして突破してくれる。
 
しかし、鈴木は練習中ほとんど、声が出ない。
また、競った試合ほど声が出なくなる。ほかの選手と同じように。(一人を除いては)
緊張なのか?体力的にきついのか?チームの雰囲気なのか?
鈴木よ、お前はリーダーなんだよ。
プレーではしっかりチームを引っ張っている。
自信を持て、間違っていない。だから、声をだそう!
声を出してチームを盛り上げよう!
FWの司令塔とも言われるNO8から、しっかり声を出してまとめてくれ!
そして、あのどこからともなく現れて相手に突き刺さるタックルでチームを盛り上げろ!
あの、激しいコンタクトで相手のディフェンスを突破してくれ!
鈴木のプレーでチームが盛り上がる!
リーダーとして、FWの要としてチームの為に燃え上がれ!!
 
フィットネスで「鈴木、行けよ!」と声をかける事がある。
頼りにしている試合の時も「鈴木、頼むぞ!」と声をかけ送り出す。
鈴木も「今日は、任せてください!」と出て行く。
しかし、そんな時ほど冴えないプレーをする。
信じるよ、信じているから花園では黙ってお前を送り出す!
だから、今言っておくよ
“鈴木、FWを、チームを任せたぞ!”

あっ、言ってしまった!
[ 2014年12月26日 12:49 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

マネージャー!

3年間、お世話になった高鍋高校グラウンドでの練習が昨日で終わった。
芝生なし、傷ができないようにケアをするのが大変だった。
汗と涙の染み込んだグラウンド。
最後に3年生が心を込めて整備する。



毎年見るこの光景だけど、今年のグラウンド整備は綺麗だ!
今までとは何かが違う。
同じ時間かけた清掃でも、気持ちのはいり方で、出来上がりが違う。
心を込めて整備した。
大阪でも気持ちの入った練習をして、試合に挑もう!
目標は「正月は花園」だが、初戦に全力を注ごう!

OB会長を初め、大勢の方に見送られ出発しました。
そして12月25日(木)09:55、たった今、決戦の地大阪に到着した!
沢山の方に支えられ、ここまでこれた。
皆さんに感謝し、期待に応えられるよう、精一杯頑張ろう!

さあ、始めるぞ!
全員で心を1つにして、全力で闘うぞ!
後2日の練習で、やるべきことを全てやり、聖地「花園」に乗り込むぞ!

高鍋高校ラグビーの応援、引き続き、よろしくお願いします!



選手紹介ハーフタイム、今回はマネージャーを紹介します。

染山 美咲(そめやま みさき)(左)
出身中学校:高鍋西中学校

奥山 恵理華(おくやま えりか)(右)
出身中学校:高鍋東中学校

5人いる高鍋高校ラグビー部のマネージャーの中に3年生はこの二人。
この3年間、同級生の二人が切磋琢磨してチームをサポートしてきた。
2年生に1人、1年生2人のマネージャーの指導もこの2人が一気に受け持った。

先ずは、美咲。
美咲は高鍋高校ラグビー部に多大な貢献をしてもらっている染山姉妹の一人、兄は卒業生、弟と妹は1年生に在籍している。
高鍋高校ラグビー部に入学してから体を作るために、食トレ、筋トレが始まる。
目標体重を定めた、体重管理。
しかし、慣れない食トレに殆ど体重が増えない。
そんな中、着実に体重を、増やしたのが美咲だ!
年頃の女の子。体重の話は嫌いなはずだが、「私、8kg増えました。」とケロッとした顔で当時は話してくれた。
美咲の良いところはここにある。
本当は心に秘める何かがあるはず。だけど、いつも笑顔で答えてくれる。
大変なことはたくさんある。だけど、選手の為と笑顔で答える。
スタッフが声をかけても、いつも笑顔で答えてくれる。
普段から人懐っこく、いつも回りに誰かいる。
スタッフのつまらないギャグにも冷たい風を吹かすまいと、笑いながら答えてくれる。
入学したての頃は、どちらかと言うと、自分で気付かせるような指導をされていて、フラフラすることもあったけど、だからこそ、自分で考えしっかり仕事が出来るようになった。
今では、しっかり、後輩マネージャーを指導している姿をよく見るようになった。本当に頼もしい。
もうひと踏ん張り、今までの美咲で選手のサポート、よろしく頼みます!

続いて、惠理華。
中学時代はバレーボール。
当然、高校でもバレーボールをやるだろうと思っていた両親。
惠理華は、ラグビー部のドアを叩き、マネージャーの道へ。
惠理華の一生懸命さに両親も次第に納得してくれた。

惠理華は、しっかり者に見えるが実は天然。
天然がゆえ、数々の伝説を残している。
マネージャーに成り立ての高校総体で、ビデオ撮影係りに任命された。
試合が終わり、撮影終了。片付けようとした瞬間、既に三脚からビデオは固定が外されていて地面に落下。液晶モニターが割れた。
もちろん、ビデオも見れず、他のチームから借りて見たことがある。
また、練習の帰り道。
自転車のかごに入れていたものが風で飛んだ。
それを掴もうとした瞬間、惠理華が消えた!自転車ごと側溝に落ちてしまっていた。怪我が無かったのが幸いである。

そんな惠理華も3年生となり、仕事をテキパキとこなす。後輩に指示を出す。
立派なマネージャーになった。
たまに、あのうるさい鬼軍曹に、解っていることを色々言われ、悔しくて歯痒くて涙も出るけど、しっかり頑張ってくれる。
ラストスパート、後は任せたぞ!

選手がラグビーに集中出来るのは、マネージャーの存在が大きい。
二人とも本当にここまで良く頑張ってきたし、立派に成長してくれた。

選手たちにとっては晴れの舞台の花園!
花園でも今まで通り、裏方で選手のサポートとサポートのまとめ役をよろしく頼む!
全員で闘おう!




[ 2014年12月25日 10:45 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(1)

大輪の花!

3年生にとっては今日で学校練習が終わる。
明日、第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場するため、大阪に出発する。
長いようで「あっ」と言う間の3年間であっただろう。

高校

このグラウンドには、色んな思い出があるはず。
苦しいこと、楽しいこと、辛いこと等など。
グラウンドに感謝するためにも、今日の練習では全力で走り、全力で体をぶつけ、大きな声をだそう!
一つ一つの練習を噛み締めて、一歩一歩に感謝を込めて練習しよう!
グラウンドに感謝するとともに、グラウンドに誓おう!
花園のグラウンドで全力でプレーすることを!

進大和-2

選手紹介13人目、進 大和(すすむ やまと)選手
ポジション:FB
身長:170cm 体重:74kg
出身中学校:唐瀬原中学校

大和は、中学時代サッカー部、高鍋高校に入学してからラグビーを始めた。
入学時から成績優秀で、ラグビー部の厳しい練習にもかかわらず、3年間高鍋高校で上位を維持してきた父親譲りの真面目な努力家である。
1年先輩に、絶対的FBがいたため最上級生になるまでAチームでの試合出場はほとんどなかった。
しかし、大和は勉強と同じようにコツコツ努力を重ねしっかりと根を伸ばした。
そして、最上級生になり試合に出場し始めると、花が咲き始めた。
しっかり、根を伸ばしていた分、大きく逞しい花を咲かせ始めた。
高鍋高校でも何年振りかのゴールキッカーで、難しい角度から難なく決めてくれる。
トライ後の得点を、確実に伸ばしてくれる。
またFBとしてのライン参加も、頼りになる存在となった。
特に、縦に切り込んでくるスピードと足腰の強さで、幾度となく相手のディフェンスラインを崩してくれる。
試合に出るようになっても、まだまだ努力を続けた。
ゴールキックは更に正確なものとなり、FBとしても絶対的存在になった。
しかし、まだまだ努力を続ける。

大和は、何回か紹介した高鍋高校ラグビー部のお笑いトリオの1人である。
ネタは、大和が主に考える。
どのネタも、3人の持ち味を生かした面白いものばかりだ。ここは、母親譲りかな?
ラグビーでも、チームの最後尾から全体を見渡し、しっかりコーディネートしてくれることだろう!

大和、とうとう大輪の花を咲かせる時が来た。
しっかり、根を伸ばした分、大きく花を咲かせよう!
3年間の努力は嘘をつかない。
いつも、遠くから静かに見守る父親と、常に近くでどんな時にも顔を出して応援してくれる母親に感謝して、花園の大舞台で咲き誇ろう!

大和、学校練習最終日。全体を見渡す位置から、高鍋高校ラグビー部を盛り上げよう!

歌手やお笑いでも、復活劇はよくある話だ!
惜しまれて解散したあのトリオ、1回だけで良いから復活させたいな!
それとも、新しいコンビ、夫婦漫才ならぬ親子漫才コンビの誕生なるか!!
[ 2014年12月24日 05:08 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

フィニッシャー!

学校練習261222

終業式を終え、午後から練習。いよいよ、冬休み。
学校で練習するのも今日と明日の2日間のみとなった。
毎日の練習は、計画的に意味のあるものを行っている。
その練習が身につくか付かないかは本人の意識が一番大事!
主将が言った「ここ何年か、“正月は花園”の目標を掲げているが実現していない」と。
花園に忘れ物を取りに行こう!
高鍋に忘れ物を残すことのないように、今日も全力で練習に取り組もう!!

幸森祐太

選手紹介12人目、幸森 優太(こうもり ゆうた)選手
ポジション:WTB
身長:173cm 体重:77kg
出身中学校:富島中学校

どんな試合でも緊張する。それが、部内マッチでも、練習試合でも、公式戦でも。
その緊張がプレーに悪影響を及ぼす者、逆に盛り上がれる者がいる。
優太は、間違いなく後者である。
大舞台に立つと、いつもより大きく見える。
練習より笑顔になれる。頼もしくなる。
そして、必ず決めてくれる。WTBとしての仕事、フィニッシャーとして必ずゴールラインに飛び込んでくれる。
観客が多いと特に燃えるらしい。
そして優太には、試合で必ずお決まりがある。
そう言えば、その後のプレーが良くなるのかな?

優太も電車通である。ほとんどが朝宮崎市内方面からの上り線で来るのに対し、日向市方面からの下り線で通学する。
他の電車通生と同じく、朝7時前には高鍋駅に到着する。
そんな優太に、毎日弁当を作ってくれるお母さんは、部員や保護者にもスイーツを差し入れしてくれる。
お父さんは、保護者会会長でラグビー経験者でも有りレフリーも務めてくれる。
優太はこの3年間、両親のサポートがあったからこそラグビーに打ち込めたんだと思う。

挫折もあった、怪我によりせっかく掴んだチャンスを逃し、得意な大舞台に立てなかった事も幾度かあった。
今でも、万全ではないかもしれない。しかし、あまいマスクには似合わない負けず嫌いで、歯を食いしばりここまで頑張ってきた。
生活面でも学校のためにコツコツと汗を流して頑張ってくれる。
身体も大きくなっているし、プレーも確実に成長できている。全てにおいて成長しているのが見ていてわかるよ!

あともう一つ、期待するとすれば、一番外側にいる優太のポジションから大きな声を張り上げてくれ!プレー全体が見えるその位置から、仲間を盛り上げてくれ!
そうすれば、仲間が必ず優太の舞台を作ってくれる。
高鍋のフィニッシャーとして、豪快なランニングで、花園のグラウンドを駆け抜けよう!

学校での練習はあと2日、練習から大きな声で高鍋高校ラグビー部を鼓舞させよう!!

確かめたいことがある。
調子がよく必死に走るから髪が立つのか、それとも髪が立つから調子がいいのか?
この際もう、どうでも良くなってきたけどね。
[ 2014年12月23日 05:16 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

スピードスター!

昨日は、高鍋高校グラウンドにおいて花園出場壮行会が行われました。

2014壮行会

大勢のご来賓、OB、保護者においでいただき、ありがとうございました。
主将川越 藏 が「目標は、正月を花園!ですが、1戦1戦しっかり闘います」と抱負を述べました。
多くの方に支えられ、今の高鍋高校ラグビー部があります。
出発まであと3日、まだまだ向上しよう!
今日も盛り上がって練習するぞ!!

小辻博也

選手紹介11人目、小辻 博也(こつじ ひろや)選手
ポジション:WTB
身長:173cm 体重:78kg
出身中学校:檍中学校

今年、九州ブロック国体で18年ぶりに本国体出場が決まった少年男子ラグビー競技の宮崎県選抜チームの主将を務めたのが、博也である。
1年時からU15でリーダーとして認められてから3年間、宮崎県選抜チームを引っ張ってきた。

博也は、声を出し、チームを盛り上げてくれる。選抜でも高鍋高校内でも同じである。
チーム内でも、プレー中色々と仲間に声をかける。怪我をしている時でも、グラウンドの外から声をかける頼もしい存在である。

博也には、「スピードスター」という言葉が一番ふさわしいと思う。
足が速い、ステップにもキレがある。ここでトライをとってくれと思う時には、期待通りにトライを取る。
見ていて惚れ惚れとするあのランニングは早々できるものではない。
“天は二物を与えず”というけれど、コンタクトも強い。
しっかり相手に当たれるし、タックルも一撃で相手を倒す。

もっているものをいつも、しっかり出してくれればそれがチームの為になる。

しかし、たまに博也の弱い部分が出てくる。
プレーがうまくいかないとき、体が本調子でないとき、自分で自分にブレーキをかける。
動きも、気持ちにまでブレーキをかける。
そうなると、声は出なくなるし、プレーも雑になる。
自分でもわかっているのかな?見えているかな?
でも博也、誰だってうまくいかない時も、体が本調子でない時もあるんだ。
失敗って絶対的な間違いではないんだよ。
前にも言ったけど、ラグビーに間違いってないんだ。
思い切りのないプレーこそ、ラグビーではまちがいなんだよ。
博也が、一生懸命プレーして、大きな声を出してプレーしてくれれば、チームは波に乗れる。高鍋の風が吹く!
1回戦は、昨年負けた第3グラウンド。
見ることの出来なかった博也の、華麗なランニング。
博也がその気にさえなれば、絶対できる!!

高鍋のスピードスターとして、花園のグラウンドを駆け抜けろ!
高鍋の風を吹かせてくれ!
駆け抜けろ、高鍋のスピードスター!!

今まで沢山の方々にお世話になったね。
下宿のおばちゃん、地域の方、学校関係者、OBそして家族。
本当に沢山の方に支えられてここまで来られた。
本当にありがたいね。
花園では、博也の本気を見せてあげよう。
それが最高の恩返しだよ!!

花園で見られるかな?
博也の華麗なランニングと“博也の家のおばあちゃん”のしゃもじで転がしながら作る、“あんこ”たっぷりの“おはぎ”!
[ 2014年12月22日 05:45 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

本物のジーコへ!

今朝もかなり冷え込んだ。
夕方の練習時間も1カ月前とは全く違って気温が低い。
この季節になると、練習中身体から湯気が出てくる。
特に練習の最後などみんなで円陣を組んだとき、その塊からの湯気と燃えたぎるような大きな声が、今にも噴火しそうな活火山を想像させる。それと共に、本格的なラグビーシーズンを感じる。
今日、12月19日金曜日、高鍋高校ラグビー部全部員にとって特別な日だ。3年生は、高鍋高校での最後の夕方の練習。1、2年生にとっては3年生と共にする夕方練習は最後。
ここまで来ると、毎日が特別な日。
1日1日を大事に、気持ちの入ったよい練習を今日も頑張ろう!





選手紹介10人目、伊東 洋輝(いとう ひろき)選手。
ポジション:WTB
身長:162cm 体重:63kg
出身中学校:高鍋西中学校

高鍋西中学校出身の洋輝は中学校時代はラグビー部ではなく、サッカー部だった。
あだ名を聞くと「ジーコ」だと言う。
なるほど!そんなにサッカーが上手いのか!良いキッカーが入って来たぞ!
そう思った。
練習を見ていると、足が速い!走り出してからの加速が違う。やはり!
しかし、練習中に蹴らない。
蹴れるときにも、蹴らない。
ある日、同級生に「ジーコ」の由来を聞いてみた。
「洋輝は、じっとしていて動かない子供でジーコです。」

洋輝も、この3年間でかなり成長した。
もともと、足は速かったがそこにステップのキレが出てWTBとしてさらに研きがかかった!
思い切ったタックルは仲間をもびっくりさせる。
ビックプレーをしてもはしゃいだりせず冷静にプレーを続ける。
身体は小さいが筋肉質である。(筋力があるかは別)
最近、練習中で所々声を出すようになった。

しかし、本人の顔を見るとまだまだ自分に自信を待っていないように見える。
自分がしていることが、正しいのか間違っているのか不安で今一つ思い切りが足りない。

洋輝、ラグビーに間違いはないよ!
あるとすれば、思い切りのないプレーだよ。
全力を出し切り、相手を倒し、相手を抜き去るプレーに間違いはないんだよ!

洋輝にはスピードもある。
タックルもできる。
声も出せる。

自信を持ってラグビーをしよう!
やらずに終わったら悔いが残る。

高鍋での練習も後6日、自分を信じて持ってるものを出しきって頑張ろう!
そして、花園のグラウンドに立って洋輝のビックプレーを見せてくれ!

洋輝、じっとしている子供の「ジーコ」から、持ってる力を全て実行に移せる「ジーコ」に変わるのは、今しかないな!
期待してるよ!
[ 2014年12月19日 06:52 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(1)

テクニシャン!


昨日は水曜日。来週の木曜日には大阪に出発する。
残り1週間、高鍋できっちり練習をしてやり残しの無いようにしたい。
昨日は、水曜日にしては雰囲気よく練習が出来ていたと思う。
そして、恒例の1500m走。
3年生にとっては最後の1500m。
盛り上がれたか?記録は出たか?全力を出し切れたか?
日頃の成果が試合に出るんだ!
昨日の姿が、花園での姿だよ!
悔いは残らないか?
1日約2時間の練習。その2時間に全力を尽くしても、あと1週間で14時間。
しかし、走るだけが練習ではない。食べることも、普段の生活で声を出すことも、早く動くことも、勉強をすることも練習に変えよう!意識次第だ!!
そうすれば、1日24時間練習ができる。1週間で168時間練習ができる。
花園で笑うために、全員で意識を変えて頑張ろう!



選手紹介9人目、井俣 晶登(いのまた まさと)選手
ポジション:SH、SO
身長:155cm 体重:58kg
出身中学校:大宮中学校
 
出身中学校にはラグビー部がない。
晶登は、宮崎ラグビースクール出身である。
今までも宮崎ラグビースクール出身者は、高鍋高校にたくさん入学しラグビー部でプレーしている。
晶登の兄も同じく高鍋高校ラグビー部出身である。
兄が高鍋高校ラグビー部員であったこともあり、晶登も高鍋高校に入学しラグビー部に入部した。晶登をみると、兄の影響もあるが、何より晶登自身がラグビーが大好きでラグビーをするために高鍋高校に来たんだろうと思う。

晶登のポジションはSHとSOだ。
色んなポジションをどうにかプレーする選手はいくらでもいるが、晶登はどちらもしっかりできる。それぞれが専門的で難しいこのポジションをここまでできるプレーヤーはいない!
その事は、晶登もわかっている。
わかってはいるが、割り切れず一度、態度をあらわにしたことがあった。しかし、そのあとは、晶登も理解してくれて今に至る。辛いだろうけど、他の選手の何倍も頑張らないといけないだろうけど、晶登は頑張ってくれた。だから、今の高鍋高校ラグビー部がある!

晶登は身体が小さい方だ。それでも、負けん気は、チーム1である。
ラグビーも大好きで、ラグビーを研究する。
その成果なのか?ギョッとするようなプレーをする。ノールックパス、ワンハンドパス等々だが、本当にテクニシャンと思わせるようなプレーをする。ただ、周りがついていっていない。だから、不発に終わる事が多い。
晶登、高鍋高校ラグビー部は、基本には従順に対応、応用には不適応だ!だから、チームのために基本に忠実にやろう!いつか晶登のプレーが花を咲かせるときが来るよ!違う畑だと思うけどね。

とうとう全国大会出発まで1週間になった。
ここに来て本当に全力で練習に取り組んでいるか? 苦手なコンタクトプレーを全力でやろう!
その姿を見せるだけで、チームが強くなれる!
このグラウンドで練習できるのもあとわずか、晶登の声でチームを盛り上げてくれ!常に晶登自身のスイッチを入れて声とプレーでチームの雰囲気をあげてくれ!
そして、花園のピッチに立って、晶登のプレーを華麗なプレーを披露してスタンドを湧かせよう!

遠い宮崎市内から通学する晶登のために早くから弁当を作ってくれるお母さん。皆のために、試合のたびに写真を撮ってくれるお父さんに感謝して残りわずかな時間を全力で取り組もう!

約束だ!
晶登が、全国大会までの1週間をしっかり盛り上げてくれたら出発前日に、マクドナルドでご馳走するよ!
[ 2014年12月18日 07:20 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

真の強さ!

大野裕人

選手紹介8人目、大野 裕斗(おおの ゆうと)選手
ポジション:SH
身長:165cm 体重:64kg
出身中学校:田野中学校(宮崎市)

裕斗は優しい顔をしているが、意外と芯が強い。
自分の目標を失わず、コツコツと努力する。努力できる。SHにはピッタリである。
裕斗が、わざわざ遠く離れた高鍋高校を受験したのは、高鍋高校ラグビー部OBでもある兄の影響である。兄も同じくポジションはSH。
兄に薦められ、兄に憧れて高鍋高校を受験。
受験の時、後ろの席にいる見たことのない受験生に声をかけた。
「一緒にラグビー部に入ろう!」
高鍋高校入学=高鍋高校ラグビー部入部。
何の迷いも無いというより、既にラグビー部員のように仲間を集める。しっかりしている。
難なく高鍋高校に入学。
田野町からの通学は厳しいので下宿に入り、あの時声をかけた同級生とラグビー部に入部した。

裕斗は、高校からラグビーを始めた。
同級生では、中学時代ラグビー部でなかった6名の中の一人である。
高鍋高校のスクラムハーフは、どのポジションより個人練習をする。
入部当初から、SHを希望し練習を積んだ。うまくいかなくてもコツコツと地道に練習を積んだ。
最初は、ぎこちなくプレーしていたが、直ぐに努力がみのる。
そして裕斗のプレーを見て誰もが口を揃えて言う「とても素人には見えない」と!
今では、裕斗の堅実なプレーがチームに貢献している。なくてはならない存在である。
安定したパス、相手の隙を見ての自らの仕掛け、いざという時のディフェンス。
どれをとっても最高のSHだ!

そんな裕斗だが、本当に優しい。
同級生でも下級生に対しても優しく、いつもニコニコしている。
練習中も普段の生活でも優しい。
この年代の男子であれば、母親がみんなの前で声をかけてくると、冷たくあしらうことが多い。しかし裕斗は、練習後の補食を作りに来てくれている母親が、みんなの前で声をかけてもニコニコと笑いながら話をしている。もちろん、母親も優しい。
父親も優しく、いつも試合を見に来てくれる。

裕斗よ!花園では、その優しさを内に秘め、芯の強さで闘おう!
時には厳しく、大きな声でフォワードを鼓舞してくれ。
コツコツと一つ一つのプレーを積み重ね、確実に勝利を手にしよう!
そのためにも、まだまだ努力して自分を鍛え、残り少ない学校での練習を、時には鬼となり、時には裕斗らしく全力でやり抜こう!
そして、今まで以上の笑顔を花園ラグビー場で見せてくれ!
[ 2014年12月17日 00:38 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

エース登場!

濱口竜輝

選手紹介7人目、濱口竜輝(はまぐち りゅうき)選手
ポジション:FL
身長:176cm 体重:83kg
出身中学校:高鍋西中学校

竜輝も小さい頃からラグビーをしていた。
西都市都於郡から高鍋ラグビースクールに通い、中学校でもラグビーがしたくて高鍋西中学校へ越境入学。
高鍋西中学校Jrラグビー部では全国中学校ラグビー大会に初出場し5位。
中学を卒業後は、大好きなラグビーをするために何のためらいもなく、高鍋高校に入学した。
入部した時から、元気が良かったが体の線は細かった。
今年の春頃までは、「食べても太れない」「太ると走れない」と言っていた。
それでも夏以降、努力して体重を増やし、現在では入学当初より約20kg体重が増え、パワーもついた。そして、今でも春までと同じように、縦横無尽にグラウンドを走り回っている。
高鍋高校のエースである竜輝の攻撃で、これまでどれだけゲインを突破したり得点に結びついただろうか!
竜輝は、練習中でも手を抜かない。
相手がどの学年であろうと激しく身体をぶつけるし、全力で走る。
竜輝の気持ちがのった時は、誰も止められない。気持ちがのった時はだ!
たまに、気持ちがのらないことがある。その時は、チームの雰囲気も悪い。
特に、水曜日は気持ちがのっていないことが多い。何が原因だろうか?
週の半ばで疲れているのか?授業が大変なのか?それとも水曜日恒例の練習メニューのせいなのか?
高鍋高校ラグビー部の練習の雰囲気を作るのも、試合の雰囲気を作るのも竜輝の気持ち一つだ。

全国大会出発まであと、10日。
君たちが、血と汗と涙を流したこの高鍋高校グラウンドで3年生全員が揃って練習できるのもあとわずかだよ。
10日でもチームは伸びる。全員が本気で練習すれば、まだまだ伸びる!
チームの雰囲気を作るのも竜輝の気持ち一つだ!

俺がやらねばだれがやる。
いまをおいていつできる。
やってやれないことはない。
やらずにできるわけはない。
やってやってやり通す!

花園のグラウンドで、みんなで笑顔になるために、竜輝!高鍋高校グラウンドでもっともっと燃え上がろう!チームの雰囲気を作ってくれ!
まだまだこのチームは伸びるぞ!
エースよ、お前に託したぞ!

そういえば、「FWは固定スパイクを練習で履くな!」と言われたことがあったね。
あれだけ言われたのに、固定スパイクで練習に来て、スクラムを組んだけど、竜輝は誰よりも強かったのを今でも覚えている、本当に強かった!

[ 2014年12月15日 01:15 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

負けず嫌い!

月曜日から2年生が修学旅行に行っている。
残ったのは3年生と1年生。
いつもと違う雰囲気、いつもより少ない人数でいつも以上に練習が出来ているだろうか?
こんな状況だからこそ、自分たちで盛り上げ、チーム一丸となって雰囲気を作ろう。
どんな状況でも高鍋高校ラグビー部の目標は同じ、明日には雪の中でも、夢の国の周りでもしっかり走り込んでおいた2年生も帰ってきて久しぶりに部員全員で練習ができる。
ゆっくりしている暇はない。
やらなければならないことをしっかりやって、花園で高鍋高校ラグビー部の風を吹かせよう!
帰ってきたら、全員で最後の追い込み頑張るぞ!!
[ 2014年12月11日 23:27 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

小よく大を制す!

日曜日、高鍋町小丸河畔運動公園に大分舞鶴高校と鹿児島実業高校を迎えて、練習試合を行いました。

IMG_0923.jpg

IMG_0921.jpg

花園予選以来の対外試合でこれまで練習してきたことの確認と今後の方向性を決めるのに良い機会となりました。
大分舞鶴高校も鹿児島実業高校も良い仕上がりで、全国大会では簡単に勝たせてもらえないことを部員全員認識することができました。
これからは、チームでの練習はもちろん大事ですが、勝つためには個人個人が意識して練習することと、己を鍛え続けることが大事です。
一人一人が向上できれば、その力を15人集めることができれば、今の2倍も3倍も強いチームになると思います。
「謙虚、素直、感謝」
全国大会初戦まで20日、熱く燃え続けよう!

高鍋まで日帰りで遠征に来てくださいました、大分舞鶴高校と鹿児島実業高校の皆様、本当にありがとうございました。

平田孝則

選手紹介5人目は平田 孝則(ひらた たかのり)選手
ポジション:FL
身長:164cm 体重72kg
出身中学校:高鍋西中学校

孝則は木城町出身
小さい頃から高鍋ラグビースクールに通い、同じ仲間とラグビーがしたくて高鍋西中学校に入学。片道10km以上の距離を自転車通学していた。
そして、高鍋西中学校のメンバーと高鍋高校に入学した。
1年時は、バイク通学ができないので、中学生時と同じように自転車で通学した。
その効果なのか、それ以前の山遊びの効果なのかはわからないが、練習中も試合中も運動量が豊富である。
体は、FWの中では小さい。いや、BKと比べても小さいほうだ。
しかし、プレーでの激しさはチーム屈指で、大きい相手も確実に倒す。
練習を見ていると、大きい相手に全力で立ち向かい、押し戻されたとしても決して逃げることなく再度そこに挑戦する!自分の体、スピードを生かし相手の懐に入り、倒し、必ず勝つ!「小よく大を制す!」とはこのことだろう。
それに加えて、良く声を出す。大きな声で、仲間を鼓舞しチームを盛り上げている。
特に「おいっ!○○、ちゃんとしろよ!」は一日何回も聞こえてくる言葉だ!

孝則は、中学校時代はスクラムハーフだった。
高校に入学しても勿論、スクラムハーフを目指していたが、テンポ良く攻めたいところでスクラムハーフ自ら「キープ」と言ってプレーを止めてしまう。パスの球筋は良いのだけれど、近くても激しいパスを投げる。
本人に言わせると「優しく投げちょるが!」らしいが、取る方には厳しい。
どうしたものかと悩んでいた時、孝則のコンタクトプレーが目にとまった。
小さいけど激しい。倒れても直ぐに起き上がり休みなく次のプレーに参加する。
FLで使ってみよう!と試合に出してみると、他のFWプレーヤーよりFWらしく、FL向きであった。それだけではない。キックオフでは、大きい者を差し置いて、ボールを取りに行く。
本人も納得の上、FWに転向。今では県内1位、2位を争うFLに育った。本当に頼りになるFLである。

実は、孝則のお父さんも高校でラグビーをやっていた。
入学した頃「お父さんを、花園に連れて行く!」と、約束した。そしてその約束をしっかり果たすことができた。
お母さんは、毎日毎日、身体を大きくするために愛情のこもったお弁当を作ってくれる。
そして自分の子供だけでなく、自宅にあるという焼肉部屋に下宿生を呼んで栄養をつけてくれる。本当にありがたい。

孝則、全国大会では、今まで以上に大きい相手と戦うことになるだろう。
孝則なら、どんな相手でも絶対倒せるよ!
もし倒せないとしても孝則の持ち前の負けず嫌いで、何度でも何度でも立ち向かって行ってくれ!その姿でチームを鼓舞し続けてくれ!チームをひとつにしてくれ!
自分のため、家族のため、そして大事な仲間のためにも高校ラガーマンの聖地、花園で大きい相手を倒し大暴れしよう!
「小よく、大を制す!」
高鍋魂見せてやろう!
[ 2014年12月09日 04:47 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

全国大会初戦決定!

第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会の組合せ抽選会が本日行われました。

12月27日(土) 第3グラウンド 12:00キックオフ
高鍋高校 対 朝明高校(三重県代表)

です。

開会式直後の試合になります。

精一杯頑張ります!応援よろしくお願いいたします。 
[ 2014年12月06日 20:45 ] カテゴリ:大会 | TB(0) | CM(1)

能ある鷹よ、爪を出せ!

第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会の抽選会が本日13:00から行われます。
檜室監督と川越藏主将が朝早く大阪に向かいました。
いよいよ、対戦相手が決まります。
県予選決勝以降、全国大会に向けチーム力を高める練習を重ねてきましたが、対戦相手が決まると最初の目標も定まり、更に練習に熱が入ります。
忘れてはならない、全ての物や支えてくださる皆様に感謝し、素直で謙虚な気持ちをもってこれからも練習に取り組もう!
高鍋高校ラグビー部が強くなるキーワードはやはり、
「感謝、素直、謙虚」である事は間違いない!
まだまだ向上しよう!高鍋高校ラグビー部!




選手紹介、第4弾!!本日は、佐藤 皓杜(さとう ひろと)選手
ポジション:LO
身長 171.4cm 体重 75kg
出身中学:高鍋西中学校

皓杜は、2つ上に兄がいる。兄も高鍋高校ラグビー部の卒業生である。
お父さんも、お母さんもラグビーに理解があり、普段は勿論、試合や合宿ではサポートをしっかりしてくださる。本当にありがたいです。

最近は、見た目も兄に少し似てきたと言われるが、雰囲気や体格が少し違う。
少し細めに見えるし、おとなしく、優しい感じがする皓杜。
しかし、体重は入学当初より20kg以上増やした。
細めに見えるが意外とがっしりしている。(がっしりしているが、美脚である。)
練習や試合では、気持ちが入ると大きな相手に対しても真正面から身体をぶつける。
頭に傷を負ってもケロっとしている。本当に強くて頑丈である。

また、もともと無口であり練習中にも声が出ない。
意外としゃべるとすごいらしいが出し惜しみしているのか?

更に、性格も優しいが、意外と頑固でしつこく負けず嫌いそして粘り強い。
新人戦の試合のあとだっただろうか、試合でうまくいかないプレーがあった。
その後、チームメイト相手にタックルの練習を延々とやった。
本当に、長い時間続いたそのタックル練習では、押し返されても倒されても、何度も立ち向かっていった。
やってやれない事はない。やればできる。

細く見えるが、意外と太く、体は強い皓杜。
優しいが、頑固でしつこく負けず嫌いな皓杜。
無口だけど、しゃべるとすごい皓杜。

強い人間の条件を満たしている。

後は、皓杜が本気になるだけだ!
練習中から、周りに合わせることなく本気で立ち向かおう!
真面目に一生懸命やることは、恥ずかしいことではないのだ。
その姿こそが美しく、本当のあるべき姿だよ、皓杜!

ある筋からの話では、カードゲームには本気で取り組んでいたらしい。
どんな時でも、どんな状況でも本気で取り組んでいたらしい。

残された時間はあとわずか。
やり残したことが無いように、本気で全力で取り組もう!
花園のグラウンドに立つために、能ある鷹よ、爪を出せ!!
[ 2014年12月06日 09:09 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

努力に勝る天才なし!

昨日より今日は寒くなかった。
その分、体もよく動く。
しかし今日はどこか元気がない。
気のせいか?もしかして毎週水曜日の恒例1500m走のせいか?
そんなことはないはず。
全員が練習で出し切り、そして最後の1500m走でALL OUTできたならこのチームはもっと強くなれる。
たかが1500m走。されど1500m走。
色んな意味がある「毎週決まった日の種目」
意味を見つけ、意味を理解し、実行しよう!
まだまだ強くなれる!チームみんなで強くなろう!!

志波圭輔

選手紹介、第3弾! 志波 圭輔(しわ けいすけ)選手!!
ポジション:PR1、PR3、LO4、LO5
身長179cm 体重89kg
出身:クアラルンプール日本人学校

志波も越境入学組の一人。日本人の父と、マレーシア人の母に愛され大事に育てられたのだろう、志波は本当に温厚で優しい。たとえ怒ったとしても直ぐに機嫌が直る。
小さい頃から父親を尊敬し、父親の母校である高鍋高校に進学することを夢見てマレーシアのクアラルンプールから宮崎県児湯郡の高鍋高校を受験した。そして見事合格となり、念願の父親と同じ高校に入学した。
この3年間、志波がお世話になったのは、高鍋にいるおじさん、おばさんだ!
おじさん、おばさんの家にお世話になり高鍋高校に通った。保護者の集まりや、試合の度におじさんおばさんが来てくれる。本当にありがたい存在である。感謝してもしきれない。

運命の出会いは高校の受験時だった。
前の席で受験していた学生に「一緒にラグビー部に入ろう!」と声をかけられた。実は、志波の父親は高鍋高校ラグビー部出身だったこともあるが、この声掛けでラグビー部に入部した。
入部したのはいいが、お世辞にも運動が出来る感じはしなかったし、プレーに優しさが出て激しくできない。
うまくいかなくて、指導されると「あっそうか!」と頭を掻きながら返事をする。
大丈夫かな?と心配もしていた。「もしかすると・・・」と同級生も心配をしていた。
しかし、志波は根っからの努力家である。諦めないし、真面目にコツコツと頑張る。
いつしか、長距離を走らせてもFWでは上位に食い込み、短距離も早い者に食らいつくまでになった。スクラムでは、先日紹介した谷口幸太郎にアドバイスもするようになった。
今では、同級生、後輩、そしてスタッフからも「試合中、一番激しいのは、志波」と言われるようになった。
体重も入学当時は89kgから真面目に努力し走ったら64kgまで落ち、努力してご飯をたくさん食べて筋トレをしたら、今では89kgに戻った。
筋力がついてのこの体重は志波の自信となっている。同級生の間では、リバウンド大成功なんて言われているが、そんなことはない。努力の成功者だ!!
我々も、本当に諦めずに努力することの大切さを改めて認識できた。

まだ志波は、公式戦先発出場がない。
しかし、もう誰も志波を無視できなくなってきた。
4つのポジションができるようになった。
そしてスクラムでも、ラインアウトでも、走っても、ブレイクダウンでも、どこででも志波が必ずチームを助けてくれる。志波がいると安心するし、なにかやってくれる!

花園にはマレーシアからご両親は来てくれるのかな?高鍋からおじさん、おばさんは応援に来てくるのかな?
来てくれても来られなくても、志波がここまで成長したことがみんなへの恩返しになるよ!
これから残りの時間を大事に、まだまだ努力し続けよう!
もっと強くなろう!努力家の志波ならまだまだ強くなれるよ!
そして欲を出せ!レギュラー番号をつけて、花園のピッチを走り回ろう!

志波は、谷口幸太郎と同じくチームのお笑いトリオの一員であった。
志波の独特な喋り方が、ネタを後押しし面白いコントとなる。
一人で芸をさせても一流である。なかなか普通ではできないようなスベリをしてくれる。
個人的には、もう一度ファイナルステージを期待したい。

そうだ志波、忘れてはならないあの人にも花園のグラウンドで成長した姿を見せよう!
選抜大会初出場の時、志波の忘れたチームの大きなクーラーボックスをわざわざ高鍋から東京まで運んでくれたあの人に!
あの時は「電車の中でも駅のホームでも周りからジロジロみられたり、クーラーを持っていたから自動改札をスムーズに通れなかった」と言われたりしていたよね。
多分、志波の花園での活躍で忘れてくれると思うよ!
多分・・・!多分ね・・・!多分・・・だよ!
[ 2014年12月04日 00:03 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

もっと激しく!

先週までとは打って変わって今週に入り寒くなりました。
ここまで寒くなると体調管理が大事です。また、全国大会まで25日となり練習も大事になってきました。
昨日も、2時間という短い時間でしたが、激しく、盛り上がりのある練習ができました。
まだまだ、やらなければならないことはありますが、一つ一つ大事にしていきたいと思います。

谷口幸太郎-2


選手紹介第2弾、本日は 谷口 幸太郎(たにぐち こうたろう)選手!
ポジション:PR3、HO(現在猛練習中)
身長176cm 体重88kg
出身中学校:大束中学校(串間市)

出身は宮崎県串間市、大束中学校。中学校時代は野球部に所属していたが、卒業後は高鍋高校でラグビーを!
と中学生の時に高鍋高校OBと面談し、越境入学を決意!下宿生活を始めました。
新入生歓迎会で「希望ポジションは、NO8です!」と大きな声で抱負を述べていたのを今でも思い出します。
練習をしていくうちに、野球で培った下半身の強さ、体幹の強さでPRへ!
ラグビーでは花形ポジションの一つでもあるNO8を希望していたが、縁の下の力持ち的なPRとなりました。
希望外のPRになっても、いつでも、誰にでも優しい幸太郎は、愚痴一つ言わずPRで修行を積み、今では宮崎県内は
勿論、九州でも屈指のPRに育ちました。
PRに転校した頃は、お父さんが心配して「うちの子がPRで、大丈夫ですかね?」と言っていたのも思い出します。
ここまでのPRに育つには、並ならぬ努力をしなければなりません。
持ち前の、強い責任感とどんな状況にもめげない性格で本当に頑張りました。

最近は、スクラムだけではなくボールを持った時のスピードや相手を一発で仕留めるタックル、モールの核になったりと
チームの要となってきました。

しかし、まだまだ上を目指せるはず。
試合中、まだまだ本気になっていない時があります。
ムラなく1試合を通して熱く激しくなれれば、まだまだチームに貢献できる。

1年前、ラインアウトモールの練習中、同じチームの選手と激しくやりあったあの激しさを1試合全てに出せたら、もう一皮むけ、自分もチームも変われるはず!
チーム全員がそれを求めているし、期待しているし、幸太郎なら絶対にできる。
そのためにも、これからの練習で激しさを継続しよう。
台風だろうが何だろうが走り回れる幸太郎!
次は、聖地花園で走り回ろう!幸太郎の強さを見せてやろう!
眠れる獅子よ、目を覚ませ!

高鍋高校ラグビー部の初代お笑いトリオの一人でもある幸太郎、合宿や栄養会等の席ではみんなを笑わせチームを和ませてくれる。いつも大ウケのこのトリオも先日解散し、役目を後輩に託した。
解散したは、最後にラグビーに全てをかけるため?という噂もあるような、ないような。

幸太郎、全国大会まで、泣いても笑ってもあと25日。
遠く離れた串間から、幸太郎を見守り、試合や行事の度に応援に来てくれる両親のためにもまだまだ頑張ろう!花園のピッチでその勇姿を見せよう!
自分の思う限界を突破し、もっと走って、もっと激しくラグビーをしよう!
間違っても「もう限界です」なんて
「言わせねーよ!」
[ 2014年12月02日 14:45 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

高鍋高校ラグビー

Author:高鍋高校ラグビー
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
これまでの訪問者数
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR