FC2ブログ

高鍋高校ラグビー部

宮崎県立高鍋高等学校ラグビー部のブログです。高鍋高校ラグビー部の活動をSTAFFが紹介します。
高鍋高校ラグビー部 TOP  >  選手紹介

努力は裏切らない!

周斗-3

内匠屋 周斗(たくみや ちかと)
ポジション:フッカー、プロップ
身長:168cm 体重:91kg
出身中学校:高鍋西中学校


周斗は、高鍋西中学校出身であり中学校からラグビーを始めた。
小学校時代は剣道をしていたが、中学校に入学すると全国大会を目指すラグビー部の選手達の勧誘の熱に押されラグビーを始めた。
真面目な周斗は、中学校でも真面目に練習に取り組みしっかりとレギュラーの座をつかんだ。中学校最後の大会は順当に九州大会まで進んだが、勝てば3年連続全国大会出場が決まる試合で、熊本のチームに負けてしまった。
3年間で自分たちの代だけが全国大会に行けなかった悔しさを胸に、その仲間と共に花園を目指し高鍋高校に進学してラグビー部に入部した。

高校ラグビーは、中学ラグビーに比べると格段に厳しかった。
試合時間も長くなり、練習時間も長くなる。コンタクトは激しいし、高鍋高校はFWBK一体となった展開ラグビーが心情なのでよく走る。
さらにスクラムは、激しい組合いに勝つことが試合の勝敗を左右することが多いのでFWにとって強化しなければならないものである。
真面目で素直な周斗は、プロップとして1年生からコツコツと努力を重ねた。
先輩、監督、コーチの言うことを素直に聞いて実践していく。
お世辞にも器用だとは言えないが、努力は実を結ぶ。
組み込んだ数が物をいうスクラム最前線のプロップで、1年生の新人戦からレギュラーの座を手にした。
総介組になってからは、フッカーにポジションを替え、ラインアウトのスローイングという重責も担うようになった。その後も、周斗のラグビーに取り組む姿勢は変わらず、朝早く学校に行き自主練習し、今でも成長し続けている。
最近ではフィールドプレーにおいてアシストタックルは激しく、1試合中の回数もチームの中で1、2を争う。
周斗の欠点を、強いて言うなら優しいところである。
自分に厳しいが、チームメイトには優しすぎる。
スクラムの中心に位置し、スクラムの良し悪しのわかる周斗は、練習中仲間に指摘するが、逆に何か言われると「あっ、俺か!」とあっさり認める。
もともと優しい周斗だから仕方ないが、もう少し練習中は厳しくても良いと思うのだが。
そういえば、練習の帰り道、友人と3人で自転車に乗って帰宅するのだが、一番近い周斗は、自分の家を通り越し、他の2人を送って家に帰っているという話を聞いたことがある。淋しがりとは違い、優しいしラグビー仲間が大好きなんだと思う。

高鍋での練習もあと10日。
まだまだ努力を続ける周斗だから、まだまだ成長するだろう。
現に花園出場が決まってから、スクラムもまとまりを増し、ラインアウトのスローイングは良くなってきた。
それでも納得せず、自主練習を続ける周斗には頭がさがる。
周斗、高校での公式戦もあと僅か。
大好きな仲間にボールを確実に供給し、悔いのない試合をするためにも努力を続けよう!
重責を担うポジションだけど、優しく素直で真面目な周斗だからやり通すことができる。
スクラムの中心に立ち仲間をまとめ、ラインアウトでは堂々とチームにボールを投げ入れる姿が目に浮かぶ。
周斗よ、花園のグラウンドでチームの要として闘おう!
プレー中は優しさを封印し、相手を狙いすまし突き刺さるアシストタックルを楽しみにしているよ。
これまで遠征を自分自身も楽しみ応援してくれたお父さんと、厳しくも優しく支えてくれたお母さんに、周斗の成長した姿を花園のグラウンドで見せよう!
周斗の勇姿、楽しみだ!

頼りになる周斗は、泳げないらしい。
今年の夏、3年生ラグビー部員で泳ぎに行ったとき、泳げないので浮き輪を持参していたが、周斗の体重に耐え切れず穴があき、沈みかけていたそうだ。これも食トレのおかげだな?

周斗-5



県高校新人大会で優勝した総介組は、2/16~21までの間九州新人大会に出場しました。
全国選抜大会出場がかかったこの大会。

開会式ー1

結果、九州4位で2年連続全国選抜大会出場を決めました。
試合結果

1回戦 

    高鍋高校   鳥栖工業高校
前半     17 -  7
後半     33 -  0
合計     50 -  7


2回戦

    高鍋高校   熊本西高校
前半     42 -  7
後半     36 -  0
合計     78 -  7

vs熊本西-1


準決勝

    高鍋高校   東福岡高校
前半      0 - 40
後半      0 - 52
合計      0 - 92

vs東福岡-1


3位決定戦

    高鍋高校   佐賀工業高校
前半      8 - 14
後半      5 -  7
合計     13 - 21

vs佐賀工ー1


スポンサーサイト
[ 2018年12月15日 08:39 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

走り続けろ!

晃太郎-5

齋藤 晃太郎(さいとう こうたろう)
ポジション:フルバック、スタンドオフ、スクラムハーフ
身長:163.5cm 体重:64kg
出身中学校:本郷中学校


晃太郎は、小学生でラグビーをはじめ、中学校卒業まで宮崎ラグビースクールに所属していた。
中学生ではラグビースクールと学校の陸上部に所属し得意な長距離を専門にやっていた。
もともと、長距離に自信があったのか、中学校の部活で練習した成果は、高校ラグビーでも生かされている。
フィットネスの練習は、どんなにハードな練習の後でも常に先頭に立つ。
小さい身体なのにスライドは大きく、そのスピードについていける者は今の高鍋高校ラグビー部にはいない。
今年の九州新人大会では、その実力を存分に見せてくれた。
相手に何度蹴られても、ディフェンスラインを突破されたとしても晃太郎がそこにいる。
普通であれば得点まで持っていかれるところだが、晃太郎が止めてくれる。身体は小さいが頼もしい男である。

電車通学している晃太郎は、休みの日、早い電車で学校に来てキックの練習をしている。
そう言えば、1年生の頃の九州新人大会の試合中、真正面のコンバージョンキックを外してしまい、大きな声で「ごっめ~ん」とチームメイトに言っていたのを思い出した。
責任感の強い晃太郎は、試合後、宿舎に帰らずゴールキックの練習をしていた。
勿論、今では真正面を外すことなどなくなった。
キックの技術も成長し自信がついてきているようで、走ったほうが良い時も蹴りたがる。

また、正義感も強い晃太郎は、何かで責められている部員をかばう場面をよく目にすることがある。

晃太郎、後2週間で花園だ!
そこまでに何ができる?
なかなかスタメンに入れずに悩やみ苦しんだ時もあっただろう。
そんな時でも、全ての責任を自分に向けしっかり自分を見つめ直し、自分に納得せず、努力し、しっかり練習を重ねてきた。
やればできる!そう信じてやってきた!
その成果はしっかりでている。
まだいける!まだまだ成長できるよ晃太郎!
このチームを、自分の強みを生かして勝利に導いてくれ!
どんなに忙しくても、晃太郎の事をいつも応援してくれる保護者会長のお父さんと、晃太郎の高鍋高校受験からこの3年間を空の上から見守ってくれたお母さんに、花園のピッチを縦横無尽に走り回る姿を見せて最高の恩返しをしようじゃないか。
晃太郎らしく、躊躇わず走り続けろ!

晃太郎は、後輩の面倒もよく見るようだ。
今年の1年生大会で、トライ後のコンバージョンを蹴る後輩に、その時のルーティンを指導してくれた。
しかし、残念ながら後輩のキックは外れていた。

晃太郎-1


[ 2018年12月14日 00:17 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

優しさは強さの証!

龍也-5

今村 龍也(いまむら たつや)
ポジション:プロップ、ロック
身長:185cm  体重:105kg
出身中学校:唐瀬原中学校


龍也は高鍋ラグビースクール出身。中学校は地元の唐瀬原中学校に通い、陸上部に所属。休みの日に、高鍋ラグビースクールに通い後輩の指導をしていた。
高校に入ると、高鍋ラグビースクールの頃の仲間とラグビーがしたくてラグビー部に入部した。

大きい体に似合わない優しい心を持つ達也は、駅から自転車で学校に来るマネージャーの自転車が壊れたとき、たまたま龍也は怪我をしている時期で自転車に乗れなかったので、マネージャーに自転車を貸してあげていた。そして返却する日、達也は兄が使っていた自転車を洗って乗ってきてくれて代わりに貸してあげたらしい。マネージャーは今でもその自転車に乗っている。
そんな達也にちょっかいを出すと希に「うおぉーい」と言っていたが、部員が真似をしだしたので恥ずかしくなり、今ではめったに聞くことができない。マネージャーの間ではその言葉が聞けたらラッキーなんだとか。

達也は、本来、学校までの距離を見るとバイク通学が許されるのだが、本人が希望をしなかった。
今村家は、おじさんも高鍋高校ラグビー部出身でバイク通学をしなかった。
身体を鍛えるためでもあり、安全のためでもあるのだろう。
自転車通学も面倒になり親に送ってもらっていた時期もあった。
そんな時、スタッフから「自転車で通学すれば、身体も心も強くなる」と言われ、素直に自転車通学を再開した。
そうすると、達也はプレーがのびていった。
身体も鍛えられただろうが、自転車で通学すると決めた意思を継続するという決心が、心をも強くしたのだと思う。
また、練習中もコーチの指導を素直に聞き入れ、実践する。
なかなか上手くいかなくても信じてやり通す。
序々に、スクラムも強く、ラインアウトでもしっかりと、フィールドプレーも頼もしくなっていった。
夏は、怪我で思うように練習や試合に出られなかったが、自分のやるべきこと、やらなければいけないことをしっかりやった。サポート役を積極的に行いチームに貢献してくれた。
怪我が治った時には、また一段と成長した龍也が帰ってきた。
そして今、まだまだ素直に指導を聞き入れ、実践し、日々成長し続けている。
間違いなく、花園のグラウンドではチームを鼓舞し、見る人に勇気を与えるプレーを見せてくれると思う。

龍也、いよいよ花園だ!
今まで本当に素直に成長し続けてきてくれたと思う。
仲間は、達也を信頼しているよ!
思いっきり、花園のピッチで暴れ回れ!
いつも、保護者会役員として、龍也を含め高鍋高校ラグビー部員のお世話をしてくれるお母さんや、緊迫した試合では、スタンドから誰よりも大きな声で応援してくれるラグビー経験者のお父さんに成長した姿を見せてやろう!
強いスクラムで相手を圧倒し、ボールを持って相手を薙倒して前に出よう!
優しい龍也、プレーでは激しさでチームを盛り上げてくれ!頼んだよ!

ギリギリかな!
どうにか間に合った。
見る頃には日付が変わっているかもしれないけど、
Happy Birthday 龍也!

龍也-4-1
[ 2018年12月10日 23:59 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

笑顔の裏に秘めた覚悟!

雄大-4

矢野 雄大(やの ゆうだい)
ポジション:ロック
身長:178cm  体重:66.2kg
出身中学校:高鍋東中学校


高鍋ラグビースクールでラグビーをはじめ、中学校ではラグビー部が無かったので柔道部へ。
正輝や季弘と同じく部活の休みを利用して高鍋ラグビースクールで練習し高校入学を待った。
高鍋高校に入学すると、父親も高鍋高校に赴任しラグビー部部長となった。
少しは戸惑いがあったが、仲間ともう一度一緒にラグビーがしたくてラグビー部に入部した。
小学校時代の仲間との再会、楽しい部活動生活になると夢を見ていたが現実は厳しかった。
勉強と部活動の両立。プレーの激しさ。そして、身体を大きくするための食トレ。
入部して最初の体重測定では、雄大は50kgと申告した。しかし、実は、新入生全員50kg以上あったので恥ずかしくなり測定で49kgだったのを50kgと盛ったらしい。
2年生になると、少しずつ高校ラグビーにも慣れてきた。
昨年は同じポジションが多かったのと192cmの先輩がいたためBチームであった。
そんな中、相手をつけてのラインアウトの練習では、長身の先輩からボールを奪い取るため、飛ぶタイミングを考え必死にプレーしていた。その甲斐あって、総介組が発足し試合に出ると、マイボールは安定獲得し、敵ボールまで高い確率で奪うようになっていた。
相手ボールのスティール(ラインアウトで相手ボールを獲得すること)すると、相手のディフェンスが整備されていない状態で攻撃できるので有効な攻撃ができたり、その後のラインアウトで相手にプレッシャーをかけられるようになる。
雄大が出る試合は、ラインアウトで期待通りスティールしてくれる。
これは試合になかなか出られなかった昨年、練習中に相手が大きいからと諦めずに必死に考えながらプレーしていた賜物である。また、雄大は練習中や試合中、笑顔が多いし声を出して盛り上げてくれる。
試合でどんなにヘトヘトな時でも、ラインアウトでボールを待つ顔は、ビックリするほど笑顔であり、チームに勇気を与えてくれる。
そんな雄大は、入部した時から15kg以上体重を増やしているがFWとしては軽い。体重増加に向けて本人も努力しているところであるがなかなか増えない。
果敢に、タックルに行くが弾き飛ばされることもある。
それでも試合でタックルがばっちり決まった時は、高確率でマネージャーに報告してくれるらしい。
そして必ず最後に「細いからって舐めんなよ!!」と言ってドヤ顔をするそうだ。

花園出場が決まってからは、ディフェンスも激しくなってきた。
練習中の笑顔の奥に、今までとは違う秘めたものを感じるようになった。
強い覚悟で日々努力を重ねている。
タックルも、得意のラインアウトも精度が上がってきている。
雄大、まだ時間はある。
練習、練習また練習 やって、やって、やり通そう!
雄大がラインアウトに立つと皆わくわくするんだ。
大事な時にしっかりスティールしてくれて、チームに勢いを与えてくれる。
ラガーマンの聖地「花園」で、声と笑顔でチームに勇気を与えてくれ!
雄大を優しく見守る母と、厳しくも暖かく見守ってくれている父に、感謝の気持を込めて、花園のグラウンドを笑顔で飛び回る姿を見せようよ!
そのためにも、あと少しもう少し努力を重ねよう。
そして、花園のグラウンドで最高の笑顔を見せてくれ!
雄大「さあ、盛り上がっていきましょう!」

雄大は人懐っこい。
コーチの呼びかけに、仲の良い友達同士のように「なに~?」と笑顔で応えてくれる。
小さい時から見ているその笑顔に、コーチの顔も笑顔になる。

雄大-7


平成30年2月11日(日)に3年生を送る会が行われた。
暁登組17名が高鍋高校ラグビー部から巣立っていった。
先輩達が繋いできた伝統をしっかり継承しつつも、新しいことにチャレンジしていく決意を固めた。
暁登組の皆さん、ありがとうございました。
それぞれの道で頑張ってください。
暁登組3年


[ 2018年12月09日 23:32 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)

仲間と共に!

20181205230748b8e.jpg


黒木  友貴 (くろき  ゆたか)
ポジション:ロック
身長:184cm  体重:85.2kg
出身中学校:東大宮中学校


友貴は、小学3年生から宮崎ラグビースクールでラグビーを続けてきた。
中学生最後の大会で九州大会に出場するが負けてしまい全国大会を逃すと、高校では花園に行きたくて高鍋高校に入学してきた。
まだ小学生の頃はぽっちゃりとした体型であったが、急激に背が伸びてスマートなイケメンになったらしい。
高鍋高校ラグビー部に入部したての頃は身体も細く、背もここまで大きくなかったが3年間で大きく成長した。
もともと、大人しく優しい性格で、プレーが激しい訳ではない。
それでも、長身を生かしたラインアウトでのボールの獲得とスクラムの押し、なにより玄人好みの地道なディフェンスで、1年生の1月からレギュラーに定着した。
しかし、県新人大会で優勝して出場した九州大会で肩の怪我をしてしまった。
その後も度々同じ箇所を痛め、今年の九州新人大会まで試合に出てチームを2年連続全国選抜大会に導いた後は、治療に専念することになった。頑張ってくれたが友貴は全国選抜大会に同行していない。
チームの皆が経験を積み成長するのを横目にサポートに努め、リハビリをし、走り込み、筋力を鍛え今の自分にできることをやり通した。
普通は、焦り急いで復帰したがるのだが、友貴にはしっかりとした目標があった。
中学校の時に行けなかった全国大会に行き花園のグラウンドに立つこと、その目標は昨年達成され、新たに全国で勝ち進むことに変わっていた。
だから、焦らずしっかりと準備をしやり通した。
満を持して出場した第98回全国高校ラグビー宮崎県予選決勝では期待通りのプレーで勝利に貢献した。
花園出場を決めた後、仲間と共にプレーできなかった約半年間を取り戻すかのように、 普段は眠たそうに見える表情も生き生きとなり、いつも口癖である「めんどうくさい」が前向きの言葉に変わり練習に取り組んでいる。
 友貴は日々成長し続けている。

さあ、待ちに待った花園だよ!
誰にも言えない孤独感を乗り越えて、期待以上で戻ってきてくれた友貴、ありがとう!
 お前のために動き回り、心配してくれた両親に感謝のプレーを見せてあげよう。
これからは、大好きな仲間と共に突き進もう。
もう、お前は一人じゃない。
仲間と共に花園のグラウンドで大暴れしよう!
友貴の新しい目標と仲間と共に目指す夢に向かって突き進め!

3年生で河に遊びに行った時に、泳げず浮き輪につかまっている同級生を色んなところに連れていってあげていた友貴だから、次は花園で正月の先まで連れていってくれるはず。
友貴、頼んだよ!

201812052307490d5.jpg
[ 2018年12月07日 12:51 ] カテゴリ:選手紹介 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

高鍋高校ラグビー

Author:高鍋高校ラグビー
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
これまでの訪問者数
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR